アラフォー夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

筑波山へ!登山大変でした。ヘトヘト。。登り 白雲橋コース 下り 御幸ヶ原コース

先日筑波山に登って着ました!

筑波山初めて登ります。そしてトレッキングシューズもはじめて。

ドキドキしながら登山口へ!

 

筑波山神社入り口

旅館江戸屋の横に筑波山神社の鳥居があります。ケーブル乗り場も登山入り口もこちらから進みます。

f:id:lepommier8161014:20180605184853j:image

筑波山神社

朝7時に神社に到着です。朝早いため人はほとんど人はいませんでした。

空気が澄んで気持ちの良い筑波山神社です。

登山の無事を祈って!登山へGO!!

f:id:lepommier8161014:20180605182641j:image

立派な筑波神社

f:id:lepommier8161014:20180605184923j:image

夫婦杉がありました
f:id:lepommier8161014:20180605182621j:image

筑波山本堂
f:id:lepommier8161014:20180605182648j:image

大杉立派です

登山 白雲橋コース

今回白雲橋コースで登りました。

標高877m女体山を目指すコースになります。

女体山頂上120分

f:id:lepommier8161014:20180605182624j:image

筑波山神社の右側にいくと白雲橋コースの入り口があります。

ちなみに筑波山神社の左側にいくとケーブルカー乗り場があります。

f:id:lepommier8161014:20180605183630j:image

あまり急ではなく穏やかな道なりとなっています。進みやすいですね。
f:id:lepommier8161014:20180605184743j:image

自然も気持ちよくこんな道ばかりが続いているのならいいな~と思いながら登っていくと!!

f:id:lepommier8161014:20180605183618j:image

分岐点で、白雲橋コースとつつじ丘に向かう酒迎場コースに分かれます。

白雲橋コースは見ただけで岩岩岩!!

来ました!岩の険しいコース。。

もちろん岩の白雲端コースへ!

f:id:lepommier8161014:20180605184909j:image

ほぼ岩の道を登り進んでいくと。。

f:id:lepommier8161014:20180605184759j:image

岩だらけの道ですね。。

白蛇弁天様

白蛇が住むといわれていて白蛇を見たものは財をなすといわれています。

すごいですね!夢に出てきてほしいな~と夢を見て。。
f:id:lepommier8161014:20180605183638j:image

まだまだ、岩ばかりの道を進んでいきます!

f:id:lepommier8161014:20180605183555j:image

どんだけ岩道が続くのかな。。慣れないトレッキングジューズに疲れながら汗だくになりながら頑張ります!!

f:id:lepommier8161014:20180605184822j:image

女体山頂上まで1.6㎞か。。

でも、まだ険しい岩道ではないので楽しく汗をかきながら進んでいけます。

f:id:lepommier8161014:20180605182637j:image

所々大きな岩がありましたがまだまだ頑張れます!

f:id:lepommier8161014:20180605182615j:image

途中平坦な道に。平坦な道の有り難さを実感!!気持ちよく森林浴できます。

f:id:lepommier8161014:20180605184747j:image

女体山頂上まで1km。。なかなか進みませんね。

f:id:lepommier8161014:20180605183602j:image

少し進むと休憩できる空間になります。つつじヶ丘コースから来た人たちと合流できる分岐点です。ここでいったん休憩をしてこれから有名な弁慶七戻りなどのスポットへ向かいます。

f:id:lepommier8161014:20180605184751j:image

少しの休憩で復活!!

弁慶七戻り

有名な弁慶七戻りの岩。どうなっているのかな~と。進んでいくと!!

f:id:lepommier8161014:20180605183607j:image

大きな岩が挟まっています!!すごいビクともしないです。がっちり挟まっています。

f:id:lepommier8161014:20180605182556j:image

岩を通りぬけた裏側から見たほうが迫力があります。

f:id:lepommier8161014:20180605183646j:image

すごい!落ちそうですよね~。でも落ちないんですね。。
f:id:lepommier8161014:20180605183634j:image

弁慶が7回戻るのもわかりますね。。

高天原

天照大神(アマテラスオオミカミ)を祀る神社です。

f:id:lepommier8161014:20180605184919j:image

少し階段を登った上にあります。

母の胎内くぐり

岩を抜けることで生まれた姿にたちかえるを言われています。人が一人通れる岩と岩の間を抜けることができます。

f:id:lepommier8161014:20180605184944j:image

生まれてくることは本当に大変なことだと思える道すじです。

陰陽石

高さ10mを超える巨大な石が2つそびえ立っていて陰陽寄り添っているように見えることから呼ばれているとのことです。大きすぎてわかりにくいですね。

f:id:lepommier8161014:20180605184939j:image

上を見上げてみるとなんとなく寄り添っているな~と。

f:id:lepommier8161014:20180605184928j:image

出船入り船

元来「熊野の鳥居石」といわれ船玉神を祀り石の姿が出船と入船とが並んでいるように見えることから呼ばれています。

f:id:lepommier8161014:20180605184916j:image

裏面大黒(りめんだいこく)

大きな袋を背負った大黒様の後ろ姿のようにみえることから呼ばれています。

f:id:lepommier8161014:20180605184831j:image

北斗岩

天にそびえ立つ岩で天空に輝く北斗星のように消して動かないことを意味しています

f:id:lepommier8161014:20180605184818j:image

いろいろな岩を見ることができますが、かなり険しい岩道です。軍手をつけて手もしっかり使いながら岩を登りあがっていきます。
f:id:lepommier8161014:20180605184755j:image

筑波山頂上

頂上は岩岩岩!

怖くて先のほうには行けませんでしたが。

やった!!着いた!
f:id:lepommier8161014:20180605183614j:image

しかし頂上ではご飯を食べることはできませんので、ご飯を食べる場所を探すことにしました。

f:id:lepommier8161014:20180605183626j:image

頂上の岩のすぐ側に神様が祀われています。

f:id:lepommier8161014:20180605183651j:image

頂上からの景色を眺めてから、女体山から展望台やケーブル駅がある場所へ向かいます。展望台のほうでご飯を食べることにそれまで我慢我慢!

f:id:lepommier8161014:20180605185047j:image

女体山頂上から展望台まで20分かかります。

f:id:lepommier8161014:20180605184912j:image

展望台 

さっきいた頂上が後ろに!展望台はすごく広くコマ展望台やお店、ケーブルカーの駅があります。
f:id:lepommier8161014:20180605184856j:image

あれっ!がま油売りのおじさんがいる~

筑波山はガマが有名なんですよね!いろいろなところにガマの名前や置物をみました。おじさんすごい!

f:id:lepommier8161014:20180605184845j:image
つくば平野を見ながらお昼ご飯です!昨日買ってきたパンを頂きました。
f:id:lepommier8161014:20180605182611j:image

展望台からの風景はのんびりできますね。ここからケーブルカーに乗って帰るひともいますが私たちは御幸ヶ原コースから下っていきます。

御幸ヶ原コース

御幸ヶ原コースに行くと前日雨が降っていたのか、道が湿っています。
f:id:lepommier8161014:20180605182552j:image

こちらのコースも大きな岩ばかり!!大きい。。すごい!
f:id:lepommier8161014:20180605184814j:image
こちらのこースは岩がとても滑りやすくて道もぬれていて滑って滑ってばかりです。しかも慣れないトレッキングシューズのため怖くてなかなか下りにくくて、心折れそうになりました。。。でも下りるしかなく必死に下り続けました。
写真も撮る体力もなく下り続け、途中乾いた道になり下りやすくなってきてホッとしました。あと少し!あと少し!

帰ってこれました!!
f:id:lepommier8161014:20180605184807j:image
ありがとうございます!!

無事に下山できたことに感謝でございます。
f:id:lepommier8161014:20180605184932j:image

 

いつもアラフォー夫婦のブログをご覧いただきましてありがとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。今日も素敵な日をお過ごしくださいませ