ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

たびのホテル佐渡2018年7月20日グランドオープン!【佐渡旅行記】

新潟2日目旅行目的地→佐渡観光

佐渡の観光と地元のグルメを楽しみました。

たびのホテル佐渡

 佐渡のお宿は、2018年7月20日にグランドオープンした「たびのホテル佐渡」です。

外観もおしゃれで素敵なお宿ですね。

f:id:lepommier8161014:20180817174423j:plain

中に入ってみると蘭のお花がとても綺麗でした。ホテルの内装は、モダン的で大人な雰囲気のつくりをされていました。フロント付近の1階にはお食事処・お風呂場・コインランドリーと全てが1階に揃っているため、わかりやすくてとても便利な作りをされていると思いました。

f:id:lepommier8161014:20180817174345j:plain

お風呂について

たびのホテル佐渡の大浴場は海洋深層水風呂(高ミネラル水使用)です。

ご入浴時間:15時~24時/5時~9時

 女性用のお風呂に入るときは、お風呂用のカードをフロントでいただけます。

お風呂用のカードをかざすと中に入れるようになっています。カードを忘れずにお風呂に向かってくださいね。

コインランドリー

24時間利用可能のコインランドリーがあります。長旅にはうれしいですね。

洗濯機1回200円、乾燥機1回100円です。自動で洗剤が入る洗濯機になっていました。

また、お部屋のTV画面で、混雑状況を確認できますので使うタイミングもわかりやすいのでいいですね。

ホテルのお食事処

ホテルの1階に「LOCAVOR STYLE味彩」のお店が夜にオープンしています。

味彩のお店は、佐渡市が認定している「サドメシラン」として地産地消のお墨付きのお店であり、佐渡のご当地グルメ「佐渡天然ぶりカツ丼」をいただくことができます!

ぶりカツ丼気になりましたが、人気のお店がホテルに移転されているので行列になっていました。

 

お部屋

お部屋は綺麗なおしゃれな雰囲気で、スーツケースも広げやすい空間の御部屋です。

ベッドは旅行中には嬉しいシモンズの高級ベッドを使用されています。広々とした柔らかく寝心地のよいベッドでぐっすり熟睡できました。

f:id:lepommier8161014:20180817174414j:plain

お部屋のお風呂場も清潔感があり、広めのお風呂になっています。

お部屋には、動きやすいルームウェアがあります。浴衣とは違い、移動しやすく寝やすいタイプです。

f:id:lepommier8161014:20180817174355j:plain

 朝食

朝は、「LOCAVOR STYLE味彩」のお店が朝食会場になっています。

朝食はバイキング形式になっています。佐渡の味を楽しめれるメニューになっていました。

佐渡の名産「いごねり」やイカの塩辛・海草となめこの味噌汁・さば焼き・佐渡牛乳などをいただきました。

朝食はとても美味しくておかわりしたくなるほどでした。パンも美味しそうでした。

 f:id:lepommier8161014:20180817174924j:plain

 たびのホテル佐渡 情報

 国道350号を通っていると、回りには建物がなく、たびのホテル佐渡が凛とそびえ立っています。ホテルの前には地元もスーパーもあります。

新潟県佐渡市千種113-12

0259-58-8020

駐車場 57台(無料)

ご宿泊 全111室

チェックイン 15時~  チェックアウト 11時

両津港より国道350道号経由、車でおよそ25分

赤泊港より県道65号線経由、車でおよそ50分

小木港より国道350号線経由、車でおよそ50分

無料シャトルバス(予約は1日前までに)

 

たびのホテル佐渡 HP

sado.tabino-hotel.jp

最後に

設備が素晴らしく、綺麗でのんびりできるたびのホテルです。キッチン付きのお部屋もありました。隣の地元のスーパーには、新鮮な魚がお安く販売されていましたので、魚を買ってお部屋のキッチンで調理するのも楽しそうだなと思いました。

いろいろな楽しみ方ができるホテルで、こちらに宿泊してよかったと思いました。