ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

昔ながらの雰囲気と味が懐かしく感じる/自由軒難波本店・名物カレー【大阪旅行記】

自由軒難波本店

大阪に来てのお昼は、大阪で有名の「自由軒」に伺いました。

難波の商店街を歩いていますと、昔ながらの雰囲気の建物にメニューのサンプルが並んでいます。そしてお店の前には名物女将??パネル看板があり、大阪のカレーといえば、自由軒と言われるほど有名なお店です。

難波の本店に伺うのは初めてで、店内の雰囲気もタイムスリップをしたような昭和レトロな雰囲気を楽しむことができます。

f:id:lepommier8161014:20190105123904j:plain

自由軒 歴史

明治43年、大阪初の西洋料理店として難波で創業した自由軒 本店。また、100年近く愛され続けている名物カレーが誕生した店でもあります。現在も名物カレーは当店の厨房で、熟練した職人の手によって作られており、毎日各店舗に運ばれています。

第二次世界大戦によって一時は焼失していますが、2代目店主・吉田四郎の尽力の末、再建しました。親子代々で味を受け継ぐ自由軒の総本山です。

~ 自由軒HP より ~

f:id:lepommier8161014:20190105124218j:plain

名物カレー

自由軒のメニューの中でも、最も人気の高い「名物カレー」。ご飯とカレーを混ぜ合わせ、その上に玉子を乗せる独特の調理方法は創業当時に考案され、現在もなお愛され続けています。

試行錯誤の末に考案された「名物カレー」。昔はご飯の保温機能がなく、ご飯は冷めていても、熱いカレーと混ぜ合わせることで、熱々の美味しいカレーに生まれ変わる。また混ぜることで身近な存在と感じられ、テーブルマナーを気にせずに食べれることで、これまで洋食を敬遠していた方にも召し上がっていただけるようになりました。

さらに、当時は高級品だった玉子を落とし、味や栄養にもこだわることで一躍庶民の人気メニューとなったのです。

~ 自由軒 HP より ~

綺麗に混ざったカレーとご飯の上に、くぼみをつけて生玉子が乗っています。

名物カレーには食べ方があり、お好みによってテーブルの上においているソースをかけます。そして玉子とカレーをしっかり混ぜていただきます。

f:id:lepommier8161014:20190105123927j:plain

ソースをかけると、少しソース風味が強くなりスパイシーさが強くなります。

私の現在の食文化では、ソースを日頃かける習慣がないため、ソースの強さが気になってしまいました。

そういえば、小さい頃は、なんでもソースをかける食文化をしていました。大阪方面ではソースはふるさとの味なんですね。ですので自由軒の名物カレーにもソースが必需品なのだなと思いました。

生玉子を崩して絡めていくと、カレーがマイルドになり、とても優しい風味にかわりました。カレーも昔ながらの懐かしさを感じるカレーであり、なぜか懐かしさを求めて、また食べたいなと思える感覚になります。

名物カレー(牛肉・玉ねぎ)

並750円 大950円

f:id:lepommier8161014:20190105123914j:plain

 チキンカツ

名物カレーの他、チキンカツの注文しました。

サラダとスパゲティが添えられて、3つのちょうどよい大きなのチキンカツです。

ケチャップとウスターソースが混ざった感じのソースかな?

懐かしい味わいの少し甘みのあるソースをつけていただきます。

サクッと上がった衣であり、チキンもふっくらしていてとても美味しかったです。

カレーを食べると、お腹いっぱいになりやすですが、名物カレーは思ったより量が少なく感じ。チキンカツと一緒に食べてほどよい満腹感になりました。

 自由軒HP

www.jiyuken.co.jp

f:id:lepommier8161014:20190105123918j:plain

 自由軒本店 情報

大阪府大阪市中央区難波3丁目1-34

06-6631-5564

営業時間 11時30分~21時

定休日 月曜日

客席数 38席

駐車場なし

本店の他「天保山店」があります

 最後に

大阪は食い倒れ文化ですね。商店街を歩くと美味しいもので溢れています。

自由軒の店員さんは、皆さん年配の方が多いのですが、とてもシャキシャキしていて動きもよく、喋りも楽しいです。大阪の人柄は明るいし、喋り方の「おおきに~」の関西弁が楽しさを感じますね。

自由軒は半分くらい外国の観光客であり、海外の人にも有名なカレー屋なのですね。

スポンサーリンク