ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

バラの甘い香りがのんびり心身リラックス・横浜ローズウィーク【横浜・山下公園】

横浜ローズウィーク

この時期になると、横浜ではバラなどの花々が街中咲き乱れています。

毎年、楽しみにこの時期に横浜のバラを観きます。

今年の横浜ローズウィークは、2019年5月3日~6月2日まで開催しています。

会場は、山下公園・港の見える丘公園・横浜山手西洋館・アメリカ山公園・横浜イングリッシュガーデン・八景島バラ園・ほか横浜市内各所。

入場料がいる場所もありますが、山下公園や港の見える丘公園では公園内にあり入場料はかかりません。この時期は、お散歩や横浜探索に公園を通りバラを楽しむのもいいですね。

今回、山下公園にいったのですが、このときに行った週末にはベルギービールイベントが開催されていました。

毎年、いろいろなイベントを山下公園でされています。またレジャーシートやテントをもってきて、山下公園でのんびり寝そべって過ごしている人も多いので、海を見ながらバラをみて、イベントを楽しめる休日は贅沢ですね。

 昨年の横浜ローズガーデンにつてい書いています。

このときは、山下公園以外にもいろいろ歩きバラを楽しみました。

ひよのおすすめ場所は、「香りの庭」です。異国の空間を楽しむことができます

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20190512102008j:plain

横浜山下公園

横浜の街全体的に、いろいろな場所でローズウィークを楽しめれますので、期間中にいろいろな場所にいってみたくなります。

f:id:lepommier8161014:20190512101801j:plain

ローズウィークの場所では、PRマスコットのガーデンベアが目印になっています。

f:id:lepommier8161014:20190512101754j:plain

横浜山下公園のそばにある「横浜マリンタワー」とバラのコラボをみることができます。

f:id:lepommier8161014:20190512101748j:plain

日本郵船氷川丸

山下公園と氷川丸とのコラボです。

氷川丸は、1930年に太平洋横断シアトル航路は就航した当時を代表する高速貨客船です。喜劇王チャップリンも乗船したことで有名です。第二次大戦中は海軍の病院船として活躍しました。

2006年に改装を行い、2008年に日本郵船氷川丸としてリニューアルオープン。

2016年に重要文化財に指定されました。戦前のシアトル航路の外航貨客船として活躍した当時の資料を元に改修された、アルデコ様式の一等食堂や、一等喫煙質、一等特別室などを見学できるほか「氷川丸」の波乱の歴史をご紹介する展示コーナーも。プロムナードデッキからは横浜港の風景が楽しめます。

~ 横浜観光情報より ~

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=5

日本郵船氷川丸HP

イベントも盛りだくさん。中の雰囲気もHPより確認できます

hikawamaru.nyk.com

f:id:lepommier8161014:20190512102026j:plain

山下公園の氷川丸の前に「未来のバラ園」があり、約160種1900株のバラが植えられています。山下公園の中では「未来のバラ園」が一番バラを楽しめれる空間でベンチもありますので、バラ・ラベンダー・花々・海・マリンタワー・氷川丸を眺めながらゆっくりした時間を過ごすことができます。

f:id:lepommier8161014:20190512102019j:plain

スタンプラリー

「山下公園」「港の見える公園」「山手イタリア山庭園」「こども植物園」「野毛山公園」などの公園は入場料は無料のところです。

また山手ローズウィークのスタンプラリーもあり、「山手イタリア山庭園」「港の見える公園」「山下公園」「アメリカ山公園」にスタンプポイントがあります。

バラをみながらスタンプラリーで回るのも楽しいですね。

f:id:lepommier8161014:20190512101741j:plain

横浜高島屋

5月17日~20日まで横浜高島屋にて「横浜バラ展」が開催されています。

こちらも無料で開催されています。

バラの愛好家が丹精こうめて育てた様々な種類・色・香りのバラを見ることができる展示会です。

毎年好評のバラを育てる方のための「バラの相談コーナー」も開設。バラの知識をもっとスタッフがバラ栽培に関する悩みを伺い、解決します。

積み立ての切り花が生けられたバラの花束がずらりと並び、バラの甘い香折あふれる会場へ、是非お越しください。

~ ローズウィークパンフレットガイドより ~

f:id:lepommier8161014:20190512101733j:plain

大さん橋ホール・ばらフェスタ

初開催!!

バラの展示やトークショー、ワークショップなどを開催されています。

バラのスイーツやカクテルを楽しむことができたり、バラのギフトも揃っていてショッピングも楽しむことができます。

2019年ローズコレクション・禅とバラの一期一会を楽しんだり、バラづくしの会場になっています。

こちらは、前売り券1200円/当日券1500円(小学生以下無料)が必要になります

横浜観光情報HP

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw7579

f:id:lepommier8161014:20190512102040j:plain

横浜イングリッシュガーデン

数々のバラと宿根草が織り成す美しい風景を堪能できる

人気育種家・植栽プランナーである河合伸志氏が手がけ、第18回世界バラ会連合世界大会で優秀庭園賞を受賞した庭園。1800種2000株以上のバラが咲く5つの庭があり、どれもバラと草花の調和が見事。庭の入り口にあるバラが降り注ぐ大きなトンネルは一見の価値があります

800~1200園入場料(開花状況により変更)

~ ローズウィークパンフレットガイドより ~

横浜イングリッシュガーデンHP

www.y-eg.jp

f:id:lepommier8161014:20190512102033j:plain

 最後に

毎年、この時期になると横浜は花の街に変化します。

毎年いろいろな場所で開催され、いろいろなところでイベントも開催されています。また、この時期はいろいろなお店でバラを使ったスイーツなども作られていますので、バラを見たあとにバラスイーツを堪能するのも楽しいですね。

ローズウィークは6月2日までされていますが、イベント期間はイベントにより期間が違いますのでご注意くださいませ。

ローズウィークHP

gardennecklace.city.yokohama.lg.jp

スポンサーリンク