ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

関西で大ヒット商品!本場韓国の屋台の味簡単即席ラッポッキ【激辛マニア料理】

 ラッポッキ

この前、主人とお買い物に行ったときに大きな「大ヒット商品」という文字を見つけました。何かな?と見てみると「ラッポッキ」。。。

「ラッポッキ」。。。

「ラーメン」と「トッポギ」を組合したものですね!!

なるほど。。

しかも、関西で爆発的に売れているんですね。関東はまだブームになっていないのかな?ひよ夫婦もスーパーで初めてみましたもの。

辛いもの好きなひよ夫婦は買わずにはいられず、早速購入して夕食にいただいてみました。

f:id:lepommier8161014:20190730121635j:plain

本場韓国の屋台の味を家庭で頂くことができ、韓国でも一番人気の即席ラッポッキです。お鍋で簡単に8分沸騰させるだけでできるのは嬉しいですね。

辛いのが苦手な人には、チーズえを入れて「チーズラッポッキ」をすることでマイルドになり食べやすくなるようです。

ひよ夫婦は、これをアレンジして激辛ラッポッキに挑戦したいと思います。

f:id:lepommier8161014:20190730121649j:plain

袋の中身

ラッポッキは、1袋2~3人前です。

袋の中身は、トッポギ(もち)・ラーメン麺・辛いソース・乾燥ねぎが入っています。

袋の裏に書いている簡単レシピ

  • トッポギはザルにいれ、水で軽く洗います
  • フライパンに水400cc・トッポギ・付属ソースを入れます
  • 中火で約7分焦げないようにかき混ぜながら煮ます
  • 麺と付属乾燥ネギをいれて約4分煮ます
  • 最後にお好みでチーズなどをトッピングして出来上がり

f:id:lepommier8161014:20190730121717j:plain

ひよ夫婦アレンジレシピ

ひよ夫婦は、即席麺でも美味しく野菜をたくさん入れていただきたいため、

アレンジしていただきました。

f:id:lepommier8161014:20190730121729j:plain

材料
  • ラッポッギ 1袋(トッポギ・麺・ソース)
  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • もやし 1袋
  • 九条ねぎ 2本 (ニラや長ネギでも大丈夫です)
  • キムチ
  • 豚肉
  • スパム(なくても大丈夫。ちょうど残っていたので入れてみました)
  • ニンニク・生姜
  • 唐辛子 5~6本

f:id:lepommier8161014:20190730121738j:plain

ラッポッギアレンジ レシピ
  • 南部鉄器鍋を使い、鍋にしました。
  • みじん切りをしたニンニク・生姜・唐辛子で油に香りつけをします
  • キャベツ・玉ねぎ・キムチ・スパムを炒めます
  • 水700ccくらい多めに入れます
  • しっかり野菜を煮込みます

f:id:lepommier8161014:20190730121937j:plain

  • 付属のソースを入れます

付属のソースは、濃い色でトロリとした感じです。このソースだけでも辛そうです。

f:id:lepommier8161014:20190730121956j:plain

  • 野菜が煮込まれしんなりすると、薄切り豚ロースを上に並べるようにして入れます

f:id:lepommier8161014:20190730122005j:plain

  • 九条ねぎを入れます
  • もやしをたっぷり1袋いれます
  • 最後に糸唐辛子をのせて出来上がりです

f:id:lepommier8161014:20190730122014j:plain

もやしを平たく伸ばして1~2分軽く煮込みます。しゃきしゃきをしたもやしの食感も楽しむため、少しだけ煮込むのがおすすめです。

f:id:lepommier8161014:20190730121701j:plain

キンキンに冷やしたグラスに、佐渡の日本酒「天領盃」をあわしていただきました。

夏の暑い日ですが、汗を流しながらのお鍋は最高ですね。

f:id:lepommier8161014:20190730122022j:plain

最後に

辛い食べ物は大好きなのですが、韓国料理はあまり食べたことがなく、トッポギも初めていただきました。トッポギは鍋にずっと入れていても日本のお餅とは違い溶けないのです。すごくビックリしました。

モチっと食感がよく、お餅の美味しさに辛さが加わりトッポギの虜になってしまいました。ラッポッギのソースはほどよく辛いのですが、旨味と甘味がありすごく食べやすくて、贅沢なキムチ鍋を頂いている感じです。

ひよ夫婦は麺は初めに一緒に入れずに、最後のシメとしてラーメンをいただきました。

ラーメンも日本の麺とは少し違い、ちょうどよい太さに辛さが染み込み最高のシメでした。「ラッポッギ」すごくハマりますね。大ヒット商品なのもすごくわかります。

野菜などをたくさん入れたほうが、野菜の甘味も加わり味が奥深くなりますので、アレンジするのもおすすめかもしれません。

自分好みのラッポッギを作るのも楽しいですね。

f:id:lepommier8161014:20190730122059j:plain

 スポンサーリンク