ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

漁港の近くにある市場食堂いちふく・お魚センター【鹿児島旅行】

 市場食堂・いちふく

枕崎で宿泊した朝食は、枕崎漁港の近くにある食堂にいきました。

港から徒歩1分くらいの場所にある「市場食堂いちふく」は、漁師さんたち仕事終わりご飯を食べにくる場所であり、一般の方も利用することができます。

f:id:lepommier8161014:20200109104053j:plain

今回、枕崎の地元の方に教えていただき、朝食は「市場食堂いちふく」に行くことに決めました。

f:id:lepommier8161014:20200109104045j:plain

店内

営業時間は7時~でありますが、ひよ夫婦は朝9時すぎくらいに伺いました。

もう漁師さんはお食事終わっているみたいで、お店にはほぼ人はいなかったです。

f:id:lepommier8161014:20200109104037j:plain

店内も明るく、温もりを感じる雰囲気です。

f:id:lepommier8161014:20200109104030j:plain

注文は、厨房で働いているお母さんたちに伝えます。

お店に入ると、「おはようございます」と元気の声をかけていただき、お母さんたちの楽しい雰囲気がホッとしてしまいます。

メニューがいくつかあり、何にしようかな?と考えていると。

「朝は朝定食だけになります」と言われ。

朝は「朝定食」だけしか注文できないみたいですね。

f:id:lepommier8161014:20200109104101j:plain

朝定食

朝定食550円。

ご飯・お味噌汁・きゃべつ・焼き魚・カニカマ・漬物・納豆・海苔・卵です。

ホッとする朝定食。

魚も美味しく、素朴な味わいが気持ちホッとして朝から元気になりました。

市場食堂いちふく(一福漁協食堂部) 情報

鹿児島県枕崎市松之尾町64

0993-72-7727

営業時間:7時~

定休日:不明

駐車場:あり

f:id:lepommier8161014:20200109110030j:plain

枕崎観光

枕崎の主な観光場所は、「お魚センター」「平和祈念展望台」「火之神公園」「明治蔵」「かつお公社」「地場産業復興センター」「アートストリート青空美術館」「南溟館」などがあります。

今回、ひよ夫婦は「お魚センター」「明治蔵」「かつお公社」に行きました。

時間があれば、レンタルサイクルで枕崎観光をしようと考えていたのですが、枕崎に着いた時間が夕方になってしまいましたので、今回お店や目的地の酒蔵だけになってしまいましたが、また機会があればいろいろ行ってみたいなと思いました。

 明治蔵についてはこちら↓

www.lepommier.work

味処一福・お店の様子とお食事内容についてはこちら↓

www.lepommier.work

かつお公社についてはこちら↓

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20200109110037j:plain

お魚センター

今回、市場食堂いちふくを教えてくれたのは、お魚センターのお店の方です。

お魚センターから車で2~3分くらいの場所にあるので、まずは朝ご飯を食べてきました。

朝食を食べてから、「ただいま~」とお店のお母さんに言って、お魚センターでお買い物を楽しみました。

地元の方とのふれあいは楽しいです。

旅の醍醐味です。

f:id:lepommier8161014:20200109110021j:plain

お魚センターでは、少しお店があり、カツオ加工商品や枕崎のお土産が数多くあります。

また、お魚センターにレンタルサイクルがあり、ここから海岸沿いのコースを自転車で走り、立神公園の散策・市内のアート作品を鑑賞することができます。

海岸も近いので、夕日もすごく綺麗に沈む風景を楽しむことができ楽しむことができます。

お魚センター 情報

鹿児島県枕崎市松之尾町33-1

0993-73-2311

営業時間:9時~17時

年中無休

枕崎お魚センターHP

makurazaki-osakana.com

 f:id:lepommier8161014:20200109110046j:plain

最後に

街中が、カツオのいい香りがする枕崎です。

漁港の街では、美味しいお魚や市場ご飯をいただきたくなりますね。

今回は、鹿児島市内からの車移動に少し時間がかかり、小雨も降っていたためレンタルサイクルでの観光はできなかったのが少し残念でした。

また機会がありましたら、枕崎に行きたいです。

今回、枕崎の鰹節の美味しさに感動し、今では本格出汁生活にハマってしまいました。

旅行をすることで、趣味の料理が一段と楽しくなります。

日本の美味しさをこれからもいろいろ知って勉強していきたいですね。

スポンサーリンク