ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

本格的らっきょう漬け工程・らっきょうの時間の経過を楽しもう【らっきょう漬け・保存食】

 らっきょう漬け

5月上旬、スーパーでは「らっきょう」が多く並び始めます。

らっきょう漬けは時間がかかりますが、テレワーク中・外出自粛の5月に、何か楽しみが欲しいなと思い、時間の経過を楽しめれる「らっきょう漬け」を今年初めてチャレンジしました。

f:id:lepommier8161014:20200506163221j:plain

らっきょう漬け 材料
  • らっきょう 1キロ
  • 水 700cc
  • 塩 150g
甘酢 材料
  • 水 300cc
  • 酢 300cc
  • てんさい糖(または砂糖) 160g
  • トウガラシ 2本

f:id:lepommier8161014:20200506163241j:plain

らっきょう漬け レシピ
  • らっきょうは、流水でよく洗います
  • 外側の薄皮を剥いでいきます
  • 先端とヘタの部分を庖丁で切り落とします

f:id:lepommier8161014:20200506163250j:plain

  • 大きめのビンを熱湯消毒をします
  • 熱湯消毒後、水700ccと塩150gを入れてしっかりかき混ぜ、塩を溶かします
  • 塩水の中に、らっきょうを入れます

f:id:lepommier8161014:20200506163300j:plain

12日間 冷暗場所
  • らっきょうに、空気が触れないように上にラップで覆います
  • 蓋をあけたまま、冷暗場所に12日間漬け込みます

f:id:lepommier8161014:20200506163309j:plain

  • 12日後、らっきょが少し落ちています。
  • 10日くらいには部屋はらっきょうの香りが強くただよいます。
  • 12日間漬け込むことで、発酵が進み泡も出て水もほんのり濁り、匂いも強く出てきますが旨味が増しますので、12日間の発酵をすることは大切です。 

f:id:lepommier8161014:20200514141951j:plain

12日後からの手順
  • 12日後、漬け込んだらっきょうをザルにあげて、流水で洗います
  • たっぷりの水をボウルに入れ、2時間くらいらっきょうの塩抜きをします

f:id:lepommier8161014:20200514141959j:plain

  • 塩抜きが終わったらっきょうは、ザルにあげておきます
  • らっきょうをザルにあげている間に、甘酢を作っておきます
  • 甘酢の材料(水300cc・酢300cc・てんさい糖160g・唐辛子2本)を鍋に入れてひと煮立ちします
  • 甘酢を冷ましておきます

f:id:lepommier8161014:20200514142024j:plain

  • ザルにおいていたらっきょうを、お湯を沸かした大きな鍋にいれます
  • 沸騰したお湯に入れたら、すぐに火を止め、そのまま10秒間浸けておきます
  • 10秒たつと、らっきょうをザルにあげます
  • ザルにあげたらっきょうは、風通しのよい場所に置き、表面が乾くくらいまで乾かしておきます

f:id:lepommier8161014:20200514142034j:plain

  • 大きな瓶を、熱湯消毒をします
  • 熱湯消毒をした瓶に、らっきょうをいれます
  • らっきょうの次に、甘酢を入れていきます

f:id:lepommier8161014:20200514142044j:plain

1週間 冷暗場所

らっきょうと甘酢を入れたら、冷暗場所で1週間常温で置いておきます。

1週間常温で置いて置いたあと、冷蔵庫の野菜室に移動します。

冷蔵庫に入れてから1週間くらいには食べることができますが、1か月くらいが食べごろになります。

1年以上長期保存でき、長く楽しむことができる「らっきょう漬け」です。

 らっきょう・梅酒作りにおすすめ保存容器についてはこちら↓

最後に

5月1日「らっきょう処理~12日間発酵・冷暗場所」

5月12日「らっきょう冷暗場所・常温置き」

5月19日「らっきょう冷蔵庫・野菜室置き」

6月19日「らっきょう食べごろ」

時間をかけて育てていく過程がとても楽しいですね。

毎年梅酒も作っているのですが、梅酒は1日で過程が終わるため「らっきょう漬け」のようなワクワク感は少し少ないです。

しかし、梅酒は時間が経つにつれ、味わいが変わっていくのがとても楽しみになります。

らっきょう漬けも、味がどのように変化していくのか、今から楽しみですね。

また、今回購入した「らっきょう」は鹿児島産でした。鹿児島は食の宝庫ですね。今度は「らっきょう」を買い付けに行きたくなりました。

スポンサーリンク