ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

本格四川風・よだれ鶏レシピ!花椒シビレでやみつきになる名前の由来通りの美味しさ【おしゃれレシピ】

 よだれ鶏

山椒(花椒)のシビレが大好きなひよ夫婦です。

「よだれ鶏」を一度作ってみたいと思い、今回チャレンジしてみました。

「よだれ鶏」とは??

「よだれ鶏」とは、四川省で食べられる料理であり、その名の通り「よだれが出るほど美味しい」と言われている料理です。

中国では「口水鶏」と書かれていて、漢字をみても口の中によだれが出る鶏とイメージができますね。

想像しただけで、よだれが出てしまう「よだれ鶏」どんな味なのかすごく気になります。

今では、簡単に作る「よだれ鶏レシピ」もありますが、ひよ夫婦は四川風の本格的な味わいに近く、「山椒・豆板醤・ラー油」などを入れて作っていきたいと思います

f:id:lepommier8161014:20200522230705j:plain

よだれ鶏 材料
  • 鶏むね肉(ブライン液でつけておく)
  • 揚げピーナッツ(ニンニク油で揚げておきます)
  • 白髪ねぎ
  • ネギ(青い部分)・生姜(鶏蒸し臭み消し用)

パサパサになりやすい鶏胸肉をしっとりするために「ブライン液」につけます

ブライン液についてはこちら↓

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20200522230657j:plain

よだれ鶏タレ 調味料
  • ごま油 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ1
  • ニンニク(みじん切り)
  • 醤油 大さじ1
  • かえし(または、たまり醤油) 40cc
  • 黒酢 30cc
  • 紹興酒(または酒) 大さじ1
  • ラー油 大さじ3
  • 白胡麻(練りごま) 小さじ1/2
  • 花椒 小さじ2
  • てんさい糖 小さじ1/2
  • 生姜(みじん切り)

f:id:lepommier8161014:20200522230649j:plain

よだれ鶏 レシピ
  • 油にニンニクを入れて、ニンニク油を作ります
  • ニンニク油で、ピーナッツを揚げていきます

f:id:lepommier8161014:20200522230714j:plain

今回、鶏むね肉は土鍋を使って蒸していきます。

たくさんのお湯で茹で鶏をする方法もありますが、今回は土鍋の蒸し器(中の穴)を使って柔らかくジューシーに作っていきます

f:id:lepommier8161014:20200522230723j:plain

  • 土鍋の蒸し器(中の穴)をおき、水をはります
  • 鶏むね肉の横に、ネギの青い部分と生姜をのせて、土鍋の蓋をして15分くらい蒸していきます
  • 鶏肉を蒸している間に、「よだれ鶏のタレ」を作ります

f:id:lepommier8161014:20200522230740j:plain

  • 中華鍋に、ごま油をいれ、ニンニク、豆板醤をいためてから、他のタレの材料をすべて入れてさっと熱を通します

f:id:lepommier8161014:20200522230747j:plain

  • 鶏むね肉を細く切り、揚げたピーナッツ、白髪ねぎを1本分をのせて、そのうえからたっぷりタレをかけていきます

f:id:lepommier8161014:20200522230756j:plain

最後に

白髪ねぎと、ピーナッツとともにいただくと、絶品「よだれ鶏」です

山椒のシビレと、豆板醤とラー油の辛み、そのほかの奥深い味わいが口の中に広がり、これは「よだれが出るほど美味しい」です。

あまりにも美味しすぎて、鶏肉1枚では足りないくらいでした。

ペロッとあっという間にいただけてしまう、最高の一品です。

また、鶏肉は、薄く切り分けた方がタレがしっかりからみ、白髪ねぎを包み込むようにいただくことができますので、薄く切ることがおすすめです。

白髪ねぎも用意していた量では足りなかったので、1本くらいの量が必要だなと感じました。また、白髪ねぎの他、みじん切りにしたネギやパクチーでも合います。

f:id:lepommier8161014:20200522230804j:plain

 スポンサーリンク