ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

出汁が飛び出る皮から作る餃子つくり

 餃子レシピ

今回、ひよ夫婦の大好きな餃子を作りました。前回皮から餃子を作ったとき、皮に餡が負けていて美味しいと思える餃子ではありませんでした。美味しい餃子を作るために、今回、餃子餡にスープをいれてジュージーさを出すことにしました。

餃子皮作り方

強力粉 50g

薄力粉 150g

塩   3g

熱湯  120cc

熱湯を入れるとすばやくこねます。そして生地が滑らかになるまで捏ねて丸くしてラップで包み冷蔵庫で4~5時間寝かしておきます。

薄力粉の量を多めにして、強力粉を少なくすると生地の捏ねる作業が少し楽になりました。強力粉が多いと固くなりやすく捏ねる作業がとても力がいりました。今回の分量は生地をこねやすく、伸びやすくかったため皮を作りやすかったと思います。

f:id:lepommier8161014:20180903103448j:plain

餃子の餡の作り方

  • 豚肉ミンチ  250g
  • キャベツは一度蒸してからみじん切り  4~5枚
  • ニラ 一束
  • 生姜
  • ニンニク
  • 鳥出汁スープ 100cc(ゼラチンで固める)
  • 餡の味付け(醤油・オイスターソース・てんさい糖・紹興酒・テンメンジャン・豆板醤)

今回、鳥出汁を作りましたので、このスープを使ってジュージーさを出すことにしました。スープをゼラチンで固めて細かく切って混ぜ合わせます。

餃子のふちをしっかり止めて、中のスープがこぼれないようにします。

f:id:lepommier8161014:20180903103631j:plain

餃子焼き

餃子の焼き方はいつもと同じで、しっかり熱した鉄のフライパンにごま油をひきます。

餃子にこんがり焼き目がつくと、熱湯を浸るくらい入れて蓋をして蒸し焼きにします。

5分くらい蒸し焼きをして、焼き具合を確認します。フライパンの水気がなくなると最後にごま油で香り付けをして出来上がりです。

f:id:lepommier8161014:20180903103624j:plain

餃子も何度もチャレンジしている料理です。皮から作るようになり、皮に負けない餡作り。そして肉汁がたっぷりでてくる餃子作りを試しています。今回ゼラチンでスープを固めて入れ込みましたので、口の中でスープが弾ける美味しさを作ることができました。

f:id:lepommier8161014:20181129143104j:plain

最後に

お酢が多めで醤油少しと、ラー油で食べるとさっぱり美味しくいただくことができます。今回の餃子は、スープのジューシーさが出て、パサパサ感がなく肉がしっとりしていました。餃子を噛むと、スープがこぼれて美味しさがつまっていました。

また、味付けもテンメンジャン・豆板醤を入れることで、味がしっかりして引き締まり手作りの皮に負けてなく、皮と餡がしっかり合わさる味わいになっていました。テンメンジャン・豆板醤を入れると味が濃いかなと思いますが、入れたほうが確実に美味しさが増していました。餃子は本当に奥が深いですね。

お正月料理も飽きてくる頃ですよね。家で家族皆でワイワイしながら餃子作りも楽しそうですね。

f:id:lepommier8161014:20180903103618j:plain

 スポンサーリンク