ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

ストーブ+鍋でおでん作り

石油ストーブ

 寒い日はコトコト煮込んだおでんを食べたくなりますね。

ひよ夫婦の最近の煮込み料理は、今年、書斎用に購入した石油ストーブの上でコトコトお鍋を煮込むことです。

最近の主人のはまっている、石油ストーブです。買うときはいまいちの反応の主人でしたが、いざ購入してストーブの上で煮込み料理をするようになると、めちゃくちゃハマッています。

どのくらいハマッているかというと、書斎用だったのに、週末のリビングはコロナ石油ストーブを配置しています。

煮込み料理をコトコト煮込みながら、お部屋も暖かくなり。キッチンコンロも他の料理をすることができるので、すごく有り難いキッチンアイテム??になっています。

 お気に入りのコロナ石油ストーブです

 おでん鍋

今回のおでんには、佐渡で買った「焼ふぐの子」を使っておでんの種をつくることにしました。

半分に切ったちくわに、ミンチにした鶏肉を詰めます。

最後に「焼ふぐの子」をつけて油で揚げます。

f:id:lepommier8161014:20190115115040j:plain

「焼ふぐの子」は佐渡の珍味であり、ゴマのような粒粒であり食感がプチプチしています。味が塩気の強いふぐの風味を感じます。ご飯にかけたり・パスタにかけたりしていただくのですが、変わった食べ方をしてみたいと思いアレンジしてみました。

油であげてみると、見た目は1本の練り物状態です。味は「焼ふぐの子」の味がしっかりついていますので、何もつけずに美味しくいただけます。

このままでも美味しいのですが、今回はこれをおでん鍋にいれて一緒に煮込んでいきます。

 おでんレシピについて記事をかいています

www.lepommier.work

スポンサーリンク

 

 

f:id:lepommier8161014:20190115115036j:plain

最後に

ひよ夫婦は2人暮らしですが、おでんを作るときはルクルーゼの鉄鍋でたくさん作ります。ルクルーゼをストーブの上において、コトコト2~3時間煮込みました。

いつもなら、食卓コンロを用意して土鍋にうつして食べているのですが、今回は屋台のように、そのままの状態でお鍋から直接とりながらいただきました。

ちょっと変わった食べ方で面白く。いつまでも熱々状態を楽しみました。

ストーブ+鍋にはまり中です。

今度は、ストーブ+鍋で何を作ろうかな~。冬の楽しみが増えました。

f:id:lepommier8161014:20190115115019j:plain

 スポンサーリンク