ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

キャンディーのように一つずつ包まれているバレンタインチョコ・Lindt(リンツ)【自由が丘】

 Lindt(リンツ)

リンツのチョコレートは、なめらかで口どけが良いチョコレートであります。人気の高いチョコレート屋さんであり、チョコレートの種類も豊富です。

今回、この時期限定の「リンドールチョコレート」を買いに行きました。

LIndt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているチョコレートブランドです。

チョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした革新的なコンチングマシンの発明。

以来、リンツのチョコレート作りへの情熱と卓越した技術はメートルショコラティエによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で香り高く口どけの良いチョコレートで世界中の人々を魅了し続けています。

~ Linds HPより ~

f:id:lepommier8161014:20190110164337j:plain

リンツのチョコレートは、1個がとても大きく可愛いキャンディーのような包みになっています。1つ渡しても嬉しくなりますね。種類も豊富であり、たくさんのフレーバーが揃っています。袋・箱などにより用途で選ぶことができ、好きな種類を詰め合わせて購入することができます。

たくさんチョコを買わなければならない、会社用とかにはうれしい買い方ができます。また、1つ渡しても可愛らしいので、友チョコや、小さなお子さんが友達に渡すときにでも嬉しいかもしれませんね。

f:id:lepommier8161014:20190110164328j:plain

季節限定商品

バレンタインに嬉しいハート型のチョコレートが季節限定商品になっています。

ミルクチョコレートで、フワっと甘さが広がる美味しさです。チョコも固すぎないため、簡単にかむことができ口の中で滑らかに溶けます。幸せを感じるチョコレートですね。

f:id:lepommier8161014:20190110164534j:plain

「リンドール」の可愛いキャンディーのようなチョコレートの他に。

「ミニプラリネ」は2cm角のキュートな一口サイズのプラリネ。

「スイスシン」は極うすにに仕上げたパリッとした食感のスミスシン。

「トリュフ」はメートルショコラティエの自信作のバレンタイントリュフチョコがあり、本命にお渡ししたいチョコですね。

いろいろな種類のチョコレートタイプがあります。

f:id:lepommier8161014:20190110164318j:plain

 Lindt(リンツ) 情報

Lindt(リンツ)は、全国38店舗あり、関東地区だけでなく、東北・北陸・中部・関西・中国地区に店舗があります。

私が今回伺いましたお店は自由が丘店です。

リンツ ショコラ カフェ 自由が丘店

東京都目黒区自由が丘2-9-2

03-5726-8921

リンツ HP

www.lindt.jp

最後に

今回、バレンタイン時期の期間限定のリンドールと大人の風味の「マール・ド・シャンパーニュ」をお土産にして週末の夜にワインと合わしていただきました。

ふわっと柔らかいチョコレートであり、なめらかな口どけは、とても贅沢な気分になります。今回購入したシャンパーニュは赤ワインにとても合い、他のバレンタイン期間限定も優しい甘みのミルクチョコレートですので、赤ワインがとても進んでいきます。

リンツはチョコレート以外にも、ケーキやパフェも有名であり、チョコレートが素晴らしく美味しいのでケーキもすごく気になります。

今度はケーキを買いたいなと。。。でも、チョコレートも美味しいので、また買いに来てしまいそうです。

f:id:lepommier8161014:20190110164525j:plain

 スポンサーリンク