ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

明治初期160年も続く老舗和菓子屋・鹿児島名産かるかんとは?【明石屋・鹿児島旅行】

 明石屋 かるかん

鹿児島のお菓子のお土産で人気高い物は、「かるかん」です。

九州旅行で、初めて「かるかん」のお菓子に出会い、お饅頭とは違う食感の和菓子の魅力にハマってしまいました。

「かるかん」は山芋と米粉と砂糖で作られた生地であり、しっとりもっちりとしたふわっとしたスポンジのような食感で甘味がある生地の中に、餡子がはいっています。

この変わった味わいの生地の美味しさにハマってしまい、九州旅行にいくとついつい「かるかん」を求めてしまいます。

「かるかん」もいろいろなお店があり、お店により味わいが違います。

ひよ夫婦のお気に入りの「かるかん」は、老舗和菓子屋の「明石屋」です。

f:id:lepommier8161014:20200109120659j:plain

かるかんとは?

鹿児島名産の「軽羹(かるかん)」という名前のお菓子をご存じでしょうか。

語感の軽やかさとその親しみやすさから、ふんわりとした和菓子を連想されるかと思います。

「軽羹」は原材料に自然薯(自然薯=山芋)をふんだんに使った羊羹(棒羊羹)のかたちをした和菓子です。

空気をたっぷり含んで蒸されるため、ふんわりと柔らかく、饅頭などの他の和菓子に比べても際立って白いのが特徴です。

そのい優しい姿からは連想つかないほどのしっとりとしたコクのある旨味が口中に広がります。

引用:明石屋HPより

f:id:lepommier8161014:20200109120707j:plain

明石屋・店舗

明治初期から160年も続く老舗の和菓子屋さんであり、鹿児島市内にも多くの店舗があります。

今回伺ったお店は、鹿児島中央駅の近くにある「中央店」です。

鹿児島市中央町2-2(鹿児島中央郵便駅前)

営業時間:9時~19時

f:id:lepommier8161014:20200109120714j:plain

 本店・・・鹿児島市金生町4-16(山形屋北筋)

鴨池店・・・鹿児島市鴨池1丁目32-12(鴨池電停前)

谷山店・・・鹿児島市谷山中央4丁目4915-6(本町バス停前)

玉里店・・・鹿児島市下伊敷1丁目9-1(玉里自動車学校近く)

中山店・・・鹿児島市中山1丁目26-10(中山バイパス沿い)

吉野店・・・鹿児島市吉野2307(帯迫交差点近く)

松元店・・・鹿児島市春山町1886-22(春山交差点近く)

薬師店・・・鹿児島市薬師1丁目6-1(鶴丸高校前交差点近く)

山形店・・・鹿児島市金生町3-1(山形屋地下1階)

エアポート山形店・・・鹿児島県霧島市溝辺町麓822

JR鹿児島中央駅店・・・鹿児島市中央町1-1(えきマチ1丁目内)

 

仙厳園店・・・鹿児島市吉野町9700-1(仙厳園桜華亭内)

明石屋HP

www.akashiya.co.jp

f:id:lepommier8161014:20200109121147j:plain

 最後に

米粉・山芋(自然薯)・砂糖で作られた、しっとりもっちりの美味しさの生地に、甘すぎない餡子がとても軽く何個でもいただけてしまいます。

自然薯のほのかな香りに、米粉のもちっとさの生地はやみつきになり、餡子が入っていない生地のみのかるかんもあるほどです。

鹿児島のお土産にも喜ばれる「かるかん」です。

明石屋では、かるかんの他にもいろいろな和菓子があります。見た目も綺麗な和菓子が並んでいますので、今度はかるかんの他にも購入してみたいです。

スポンサーリンク