ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

長さ300mもある連続温室・ハワイ感じる花たちで癒される空間【アロハガーデンたてやま・千葉館山】

 館山アロハガーデン

千葉館山にハワイ感を楽しめれる「アロハガーデンたてやま」があります

「アロハガーデンたてやま」の全体の施設の様子についてはこちら↓

www.lepommier.work

植物園

今回は「アロハガーデンたてやま」施設内にある「連続温室」について写真をたくさんご紹介していきます。

上の地図の〇で囲っている場所に「連続温室」があります。

アロハ感を感じる植物をたくさんみることができます。

f:id:lepommier8161014:20200818100449j:plain

連続植物園とは??

館山アロハガーデンでは、とても長い植物園(温室)があり、チケット売り場の横にある入り口を入って右側に連続で建物(温室)が連なっています

スタッフから植物園からみることをおすすめされましたので、案内通りに植物園から楽しみました。

f:id:lepommier8161014:20200818100506j:plain

長さ300mの連続温室、高さ20mの大温室など熱帯、亜熱帯植物の展示をしており、南国の代表の花ハイビスカス、ブーケンビリア等、原色の花をご覧いただけます

f:id:lepommier8161014:20200818100512j:plain

ドラゴンフルーツ

南国のフルーツといえば「ドラゴンフルーツ」があります。

一度だけハワイで食べたことがあるのですが、このように育つことは知らなかったのですごく勉強になりました。

味は不思議な感じで、ハワイで「見た目とは違い不思議なフルーツだな」と思いながら食べたのを思いだします

ドラゴンフルーツとは??

サボテン科の果物で英語では「ピタヤ」といい、果皮が龍の鱗に似ているので「ドラゴン」といわれています。

ドラゴンフルーツは、サボテン科でメキシコや中南米の熱帯雨林が原産地であり、中南米・マレーシア・ベトナム・カンボジア・台湾・中国南部・イスラエルなど幅広い地域で栽培されています。

また、最近では日本の他オーストラリア・アメリカ南部・スペインでも栽培されています。

ドラゴンフルーツは、ビタミンB1・B2・葉酸・ビタミンC・カロチン・カリウム・マグネシウム・鉄など栄養豊富のフルーツです。

f:id:lepommier8161014:20200818100521j:plain

ブーゲンビリア

「ブーゲンビリア」の花言葉は「情熱・魅力」であり、常夏のハワイに似合う花ですね。

ハワイに行くと、ハワイのいろいろな場所で可愛く咲いている「ブーゲンビリア」の花をみることができます。

「ブーゲンビリア」はオシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する常緑のつる性低木です。「ブーゲンビレア」とも言われることもあります。

赤やピンク、オレンジなどの夏らしい鮮やかな色の花を咲かしてくれます

ブーゲンビリアは、日中温度が20~25度以上でつぼみをつけ、年に2回ほど開花し、温室ならほぼ1年を通して花を楽しむことができます。

f:id:lepommier8161014:20200818100539j:plain

プルメリア

「プルメリア」は、ハワイの人々に愛されている花であり、ハワイの首飾り「レイ」に使われている花です。

ハワイに行くと、いろいろな場所でみることができる「プルメリア」の花であり、リラックスできる癒される香りがあります。

プルメリアは神聖な花としてレイや髪飾りで使われていて、ハワイの他にバリなどでもお土産の置物などでみる機会が多いです。

f:id:lepommier8161014:20200818100558j:plain

「プルメリア」はキョウチクトウ科プルメリア属に属する高木、低木です。

キョウチクトウ科に属するので、プルメイアの樹液は有毒だと言われています。

樹液は白くトロッとした液体が流れますので、手に触れるとかぶれてしまいますので注意が必要です。

f:id:lepommier8161014:20200818100606j:plain

ハイビスカス

日本で沖縄などでもみることができる、有名な「ハイビスカス」です

熱帯花木として人気の高い「ハイビスカス」ですが、日本では一般的に鉢植えで楽しむことができます。

沖縄では霜が降りない暖地のため庭木などとして、いろいろなところで綺麗に咲いています。

ハイビスカスの花は、通常朝咲いて、夜に閉じて1日で終わってしまう1日花です。

f:id:lepommier8161014:20200818100615j:plain

 これは何でしょう?

さて!

上の写真の植物は何でしょう?

垂れ下がっている巨大な花がビックリしてしまいますが、花の上の部分を見ると緑色のバナナの実が育っています。

黄色くなるといつも食べているバナナです。

こんな風にバナナが実になり、大きな花を身近にみれるのは嬉しいですね。

f:id:lepommier8161014:20200818124951j:plain

 いろいろな世界感の温室が、いくつも連なって「連続温室」になっています。

しかし、さすが「温室」です。

お盆の夏の外の気温の方が涼しく感じるほど、温室の中はとても暑いです。

今流行りの「小型扇風機」をつけて、水分補給をしながらゆっくり探索をしました。

ところどころ休憩コーナーもありますので、安心して温室を回ることができました。

f:id:lepommier8161014:20200818100548j:plain

アロハガーデン・アクセス料金など

住所:千葉県館山市藤原1497

開園時間:9時30分~17時

年中無休

料金:大人(中学生以上)1300円/シニア(65歳以上)1000円/小人800円/

幼児500円など

*「楽天チケット」で前もって購入をすると「大人1300円→1000円」で購入できました

 f:id:lepommier8161014:20200818100530j:plain

最後に

ハワイを感じることができる「アロハガーデンたてやま」です。

連続温室でも「ハワイ」のお花をたくさん見ることができました。

たくさんの植物をみるだけでなく、いろいろな動物たちにもふれあうことができました。

次のブログでは、「アロハガーデンたてやま」でふれあうことができた動物(鳥)たちについて紹介していきます。

連続温室の途中で、南国の鳥コーナーがあり、放し飼いになっている鳥をみることができました。

次から次へといろいろな出会いがあり、とても面白く大人でもすごく楽しむことができた素敵な場所でした。

スポンサーリンク