アラフォー夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

ワールドカップ必勝祈願!!熊野神社(港区増上寺)

 熊野三所大権現宮

増上寺の鬼門(北東)を護る鎮守する熊野神社(ゆやじんじゃ)です。

増上寺の横にひっそりとありました。

f:id:lepommier8161014:20180627110346j:image

手水舎をみると大きな黒いカラスのマークがありました。これはWカップの日本代表の必勝祈願をしないと!!

f:id:lepommier8161014:20180627110342j:image
【日輪の中に三本の烏】

ルーツは中国で太陽の中に三本足の烏が住む(おそらく黒点であろう)と考えられて、太陽の烏によって空を運ばれるとも考えられました。

烏の足を三本とするのは二本足は陰数の為、陽の数である「三」こそが太陽にふさわしいと考えられます。

日本に於いても三本足の烏の太陽の象徴であると伝わったと推測されます。

また時代によっては「地・仁・勇」或いは「天・地・人」を表すとも言われています。

日の神、天照大神の子孫である天皇が3本足の烏と八咫烏が習合し、熊野の烏も三本になったものと考えられます。

参照:大本山増上寺 熊野みこし講 世話人益子良道

f:id:lepommier8161014:20180627114108j:image

【シンボルマーク】

 天皇の即位の礼にたてられるのぼりの紋様には八咫烏が使われたそうですし、また天皇の礼服の紋章には、日輪の中に八咫烏の刺繍が施されているそうです。

近日身近なところでは、サッカー日本代表が着ているユニフォームの胸に付いておりますマークも八咫烏です。すなわち日本サッカー協会のシンボルマークとして用いられております。日本サッカーの成長と勝利への導きを願っております。

参照:大本山増上寺 熊野みこし講 世話人益子良道

f:id:lepommier8161014:20180627114129j:image

庭園

増上寺と東京プリンスホテルパークタワーの間にイングリッシュ庭園があります。バラやラベンダーが少しですが咲いていました。
f:id:lepommier8161014:20180627110320j:image

都内のど真ん中とは思えない空間ですね。
f:id:lepommier8161014:20180627110353j:image

ル・パン・コティディアン 芝公園店

最近恒例になってきました。探索後のおやつタイムです!!

増上寺の横にあるル・パン・コティディアンでケーキを頂きました。こちらのお店はオーガニックのお食事とケーキとパンと飲み物がいただけます。

私はオーガニック珈琲とベルギームースチョコケーキを頂きました。
f:id:lepommier8161014:20180627110400j:image

客席からは緑豊かなお庭と東京タワーを見ながら、木のぬくもりを感じるテーブルでおしゃれな空間です。一息ついてからまた探索開始です!!
f:id:lepommier8161014:20180627110306j:image

アクセス

東京都港区芝公園3-3-1 東京プリンスホテル

 

芝大神宮

増上寺から少し離れたビルに囲まれた中に芝大神宮がありました。

こちらもパワースポットで縁結びのご利益で有名の神社です。

私は初めて訪れました

f:id:lepommier8161014:20180627110323j:image

縁結びで有名とは知りませんでした。私は縁結びと言えば飯田橋にある東京大神宮に訪れていました。結婚する前は縁結びの神社にもたくさん行っていたことを思い出します。芝大神宮もたくさんの若い人が訪れていました。可愛い恋みくじもありました。
f:id:lepommier8161014:20180627110329j:image

すごく不思議でびっくりしたのが、茅の輪くぐりです!!
f:id:lepommier8161014:20180627110312j:image
芝大神宮の本殿に向かう階段の途中に大きな茅の輪があります。

書かれている通りにくぐり祈願します。いろいろな神社に訪れたことがありますが、このような大きな輪をくぐるのは初めてでした。
f:id:lepommier8161014:20180627110350j:image

最近はいろいろな場所に出かけるようにしていて、気持ちを前向きに!心を清め安らごうと思っています。辛いことを乗り越えながら慌てずにゆっくり人生を進んでいきたいです!!見守っていてくれる主人に感謝です。
f:id:lepommier8161014:20180627111033j:image

 

いつもアラフォー夫婦のブログをご覧いただきましてありがとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。今日も素敵な日をお過ごしくださいませ