ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

ホタテさばき方、バター醤油焼き【おしゃれディナー】

新鮮ホタテ

 ひよ夫婦の週末ディナーでは、今回市場で新鮮な殻つきのホタテを購入してきましたので、ホタテをさばいてバター醤油でいただきました。

f:id:lepommier8161014:20181225122556j:plain

ホタテのさばき方
  • 貝殻の深みのある方を下にして手のうえにのせます
  • 殻と殻の間にヘラ・またはナイフを差し込みます
  • ナイフを滑らすように小刻みに動かし、貝柱を途中できらないようにして慎重に殻から外します
  • 貝柱が離れると自然に口が開きます
  • 片方の殻の沿うようにナイフを入れて外します

f:id:lepommier8161014:20181225122547j:plain

ホタテの内臓の分け方
  • 黒い部分(ウロ)は食べれない部分です。取り除きます
  • 貝柱の側に沿って指を入れて、貝柱を取り外し、ヒモと貝柱にわけます
  • 赤い部分もわけます
  • 貝柱・ヒモ・赤い部分に綺麗にわけて、綺麗に洗います

f:id:lepommier8161014:20181225122537j:plain

ホタテのバター醤油

貝柱は、カルパッチョにしていただきます。残りのヒモと赤い部分はバター醤油で美味しくいただくことにしました。

スキレットにバターとヒモと赤い部分を入れていためます。最後に醤油をふりかけて、胡椒で味を調えます。

f:id:lepommier8161014:20181225122526j:plain

最後に

今回、市場で殻つきのほたてが1個200円で手に入りましたので、初めてのホタテさばきをしてみました。

さばくのは主人にお願いをしましたが、口を開きながらナイフを入れて取り外すところが、初め苦戦していましたが、慣れると簡単に取り外していました。

美味しいものを頂くには、手間がかかりますが、頑張ってさばきましたので美味しいおつまみができました。

新鮮なホタテだからこそ、臭みもなくコリコリ感の良く、佐渡で購入した「天領盃」の日本酒に合わしていただきました。

ホタテは貝柱を食べる機会があっても、ヒモや赤い部分をいただくことはほとんどなかったので、こんなに美味しい部分があるとは感激ですね。

また、食べたくなる贅沢なホタテ料理でした。そのためには、また主人にさばくことを頑張ってもらわなくっちゃですね。

f:id:lepommier8161014:20181225122516j:plain

スポンサーリンク