ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

二子玉川セレブにも人気高い!こだわり食材と湯種製法・高級食パン専門店あずき【二子玉川】

 高級食パン専門店あずき

 最近のブームに、「高級食パン」があります。

いろいろ高級食パン専門店がどんどん登場して、どこの食パンを買おうな悩んでしまうくらいですね。

高級食パン専門店でとても有名な「乃が美」は予約が1か月待ちであり、オープンしたら行列になるらしく、まだなかなか購入できず食べれていないです。

またいつか食べてみたい「乃が美」です。

今回は、二子玉川で人気の高級食パン専門店「あずき」に伺いました。

f:id:lepommier8161014:20190805112704j:plain

行き方

場所は、二子玉川高島屋S-C南館の裏側にあります。

二子玉川高島屋S-C南館にある「アルマーニ」の横の入り口を出ると、前にSTREAMがあります。

STREAMのビルの前には、あずきの看板があり矢印がありますのでわかりやすいです。

f:id:lepommier8161014:20190805112834j:plain

通路を通っていくと、あずきのお店があります。

f:id:lepommier8161014:20190805112724j:plain

ひよが伺ったのは平日の14時ころです。

いろいろ調べていた時、行列がすごくお昼すぎには売り切れてしまうくらいの人気のパン屋さんですので、まだ食パンを購入できるか心配になりながら伺いました。

f:id:lepommier8161014:20190805112732j:plain

伺うと、まだまだたくさんの食パンがあり安心しました。

最近は、デパートなどの催事にも「あずき」は出店されていて、横浜・埼玉・関西などいろいろなところでも購入することができるのがうれしいですね。

催事では、1本の食パンが4種類販売されていました。

f:id:lepommier8161014:20190517165042j:plain

購入方法

二子玉川のお店では、切った枚数販売をされていますので、いろいろな味を楽しみたい人には嬉しいです。

f:id:lepommier8161014:20190805112903j:plain

1本・1枚・2枚・3枚で「AZUKI食パン」「SHIRO食パン」「MATCHA食パン」をいろいろな組み合わせで購入することができます。

f:id:lepommier8161014:20190805112654j:plain

あずきとは

日本人のための、新しい食パンを作りました

口に入れた瞬間、ほんのりと広がる小豆の風味。

噛むほどに愉しめるやさしい甘み、もっちりとした食感。

あずきの食パンは「新しいのに懐かしい」

ずっと前から知っていたような感覚の原点は、日本人がどこかで共有している、昔ながらの家族の食卓、分かち合える喜びが、つながって、広がって、幸せあふれる笑顔で結ばれていく。

あずきの食パンが創り出す「美味しい」の体験が皆様の毎日を豊かにすることを願っています。

~ パンフレットより ~

f:id:lepommier8161014:20190805112714j:plain

こだわり原料

北海道産あずきを100%使用

その中でも特に収穫量の少ない、小粒を厳選。

一口食べた際の「ちょうどよい」甘味。邪魔になりすぎない食感。

小豆との相性を追求したブレンド小麦粉

食パンの「美味しさ」あずきとの相性を追求し、独自のブレンドで最も適した小麦粉を追求しました。

ヨーグルト

ほんのりと舌に残るミルク感。そして乳酸菌による整腸作用への期待。そして食パンの柔らかささえも演出してくれる。

マスカルポーネ

マスカルポーネが織りなす、天然の甘味。その上品なコク。深みを引き立ててます。もっちり食感も演出します。

こだわり製法

手間暇を惜しまない職人技を盛り込んだ湯種製法。

焼き上げの前日、小麦に大量の熱湯を加え丁寧に練りあげ、じっくり一晩寝かせます。

そうすることで、小麦粉の本来の甘さを、時間をかけて引き出す。

手間暇かけた製法で、ふんわりとした柔らかさと、モッチリ感のある食パンに仕上げています。

口当たりは軽く、でも噛めば噛むほど出てくる、青く深い美味しさが舌に残ります。

卵不使用

~ パンフレットより ~

f:id:lepommier8161014:20190805112844j:plain

こだわりの材料と、もっちりふんわりの湯種製法。

ひよの大好きな食パンの製法の仕方ですので、食べるのが楽しみになりますね。

湯種製法により、もっちり伸びるパンで柔らかくふわふわしています。

美味しい食べ方として、

1日目は、何もつけずに生のままで。

2日目はバターをのせて軽くトースト。

3日目以降は冷凍保存。冷凍状態のままトースト。

f:id:lepommier8161014:20190805113127j:plain

 最後に

美味しい食べ方がいろいろありますが、ひよは生のままが一番美味しく感じました。

口に入れた瞬間!美味しい!!感動する美味しさを感じました。

あずきも小さめなのでちょうどよく、上品な味わいでありペロッと食べてしまいました。

トーストすると柔らかくもちっと感がなくなり、軽い感じになります。

できれば生の状態でもちもちふわふわのまま美味しく食べるのがおすすめかもしれませんね。

同じようにこだわりのある、@Hの北海道のこだわり食材に湯種製法で作られているのですが、ひよは生はあまり美味しく感じなかったのですが、トーストが美味しすぎる食パンでした。

@Hのようなトーストして絶品の食パンにまた出会いたいのですが、なかなか見つからず、高級食パンブームの中、お気に入りの食パンを見つけるのもなかなか大変ですね。

 幻の「@Hアットエイチ」の食パンについてはこちら↓

www.lepommier.work

あずき 情報

東京都世田谷区玉川3-9-3

ストリーム玉川1階B号室

二子玉川駅徒歩2分

玉川高島屋S.C南館裏すぐ

03-6431-0302

営業時間:10時~20時

日曜日10時~19時

定休日:なし

高級食パン専門店 あずきHP

www.shokupan-azuki.jp

スポンサーリンク