ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

新鮮地鳥を炭火でいただける贅沢な地鳥コース【古里庵・鹿児島旅行】

 古里庵

鹿児島に到着したランチには、新鮮な地とりを炭火や刺身などでいただける「古里庵」に伺いました。

鹿児島財部町に、約130年前に建築された母屋と米蔵を自らの手で改造した趣のあるお店がまえで、自家製の有機栽培のお味噌を使ったお料理をいただくことができます。

本店の財部町は、霧島神宮から1時間くらい離れた場所にあり、夜の時間しか空いていないのですが、霧島神宮から近い「古里庵 霧島店」はランチの時間帯営業になっています。

霧島店は、別荘地にお店があり、緑が多い落ち着く空間で炭火地とりをいただくことができます。

↓のメニューの写真にあったお店の風景は、本店の財部店の風景です。

f:id:lepommier8161014:20191204203521j:plain

古里庵 情報

鹿児島県霧島市田口字霧島2594

0995-57-1290

営業時間:11時30分~15時30分

定休日:毎週月曜・火曜不定休

古里庵HP

www.korian.infof:id:lepommier8161014:20191204204023j:plain

霧島山の麓にお店があり、霧島神宮から近くにあります。

カーナビに住所を入れて山道を進んでいきます。

こんなところにお店あるのかな?と不安になりますが途中看板がありました。

お店がある周辺は別荘地帯になっているようで、たくさんの家やお店が並んでいました。

f:id:lepommier8161014:20191204204007j:plain

お店の前には、立派な赤色に紅葉している木がありました。

駐車場は、この道沿いに停めることができます。

f:id:lepommier8161014:20191204203959j:plain

お店の看板があり、紅葉の素敵な風景を眺めながら入っていきました。お店は、別荘宅をそのままお店にした造りになっています。

f:id:lepommier8161014:20191204203942j:plain

遮るものがないため、絶景を眺めることができそうですね。f:id:lepommier8161014:20191204203935j:plain

お店の入り口は、普通の家をお邪魔するような感じになっています。f:id:lepommier8161014:20191204203430j:plain

入ってすぐのお部屋は、木のぬくもりを感じるテーブルとイスがあり、元はリビングがあったのでしょうね。

先客がいらっしゃり、お店の中は炭火の煙がすごくて、煙まみれ状態でした。f:id:lepommier8161014:20191204203421j:plain

リビングの隣に畳のお部屋があり、ベランダ越しの風景をみながらお食事を楽しめれる空間になっています。f:id:lepommier8161014:20191204203629j:plain

テーブルの真ん中に、炭火を入れる空間を作られていて、木のぬくもりを感じるテーブルが畳のお部屋に4つあります。こちらのお部屋でも、お食事が始まると、部屋中炭火の煙に燻されてしまいます。f:id:lepommier8161014:20191204203439j:plain

メニュー

古里庵・霧島店はお昼の時間帯(11時30分~15時30分)の営業になっています。

2000円・2500円・3000円のセットメニューがあり、他のお客様もセットで注文されている方ばかりでした。f:id:lepommier8161014:20191204203448j:plain

セットメニュー

2000円セットメニュー:もも焼き・鳥刺し・小鉢・おにぎり1個・そば

2500円セットメニュー:炭火焼きセット・鳥刺し・小鉢・おにぎり1個・そば

3000円セットメニュー:炭火焼きセット・鳥刺し・小鉢・おにぎり1個・そば

メニューには2500円と3000円の違いがわかりにくいのですが、3000円セットメニューには「ほうば焼き」がついています。f:id:lepommier8161014:20191204203455j:plain

ドリンクは、アルコールやソフトドリンクがあります。

ホットコーヒーは、リビングのキッチン前にあり、セルフで自由にいただくことができます。

f:id:lepommier8161014:20191204203503j:plain

ひよ夫婦は、3000円のセットを2つ注文しました。

主人は、嬉しそうにビールを注文していて、運転手はひよですね~。

たまにしか運転しないペーパードライバーのひよを運転手にするなんて、チャレンジャーな主人ですね(笑)

f:id:lepommier8161014:20191204203640j:plain

炭火焼きセット

炭火焼きセットが、大皿に盛られてきました。

2人前ありますのでかなりの量ですが、新鮮な地鶏の色の輝きをみると、美味しいの間違いないですね。

f:id:lepommier8161014:20191204203714j:plain

煙がモクモクなりながら、地鶏を焼いていきます。

炭火焼きを焼くのが好きな主人は、嬉しそうに丁寧に地鶏を焼いてくれました。

コリコリジューシーな地鶏は、すごく美味しくて、あんなに量があったけれど、あっという間になくなりました。

f:id:lepommier8161014:20191204203648j:plain

炭火セットには、レバー・皮・砂肝もありました。

新鮮な鶏は、レバーなども臭みがないため、とても美味しいです。

モモの部分もすごいコリコリ食感でしたが、レバーなども噛み応えのよいコリコリ感がとても美味しいです。

炭火焼きにつけるタレもすごく美味しくて、たまらない美味しさです。

f:id:lepommier8161014:20191204203722j:plain

鳥刺し

鳥刺しも、新鮮であり。これが鶏なの?と思えるほどみずみずしく、しっとりとした鳥刺しの美味しいです。

f:id:lepommier8161014:20191204203917j:plain

ほうば焼き

ほうばの上に地鳥が濃い味噌タレがかかっています。

f:id:lepommier8161014:20191204203926j:plain

濃い味の味噌がグツグツしてきて、地鳥を味噌に絡めていただきました。

濃い味噌が絶品で、鶏を一段と美味しく仕上げてくれます。

最高の「ほうば焼き」です。

3000円コースにして良かったと思いました。

f:id:lepommier8161014:20191204203657j:plain

小鉢

小鉢は、3種類あります。

こんにゃくのお刺身・きんぴら・里芋の味噌かけでした。

どれも素朴な味わいの美味しさで、自家製の味噌の美味しさに感動しました。f:id:lepommier8161014:20191204203730j:plain

愛情が感じる大きめのおにぎりには、たくあんがついています。

炭火焼きとともに、おにぎりがとても合い、ご飯が足りないくらいでした。

お味噌の風味と鳥とご飯、最高の組み合わせですね。f:id:lepommier8161014:20191204203902j:plain

お蕎麦は、山菜がはいっていました。

ホッとする味わいのお蕎麦で、炭火焼きの油っぽさの口の中をリセットしてくれいます。f:id:lepommier8161014:20191204203910j:plain

すごい炭火の煙ですので、食べ終わった後は、全身煙臭がすごいです。

服にも髪の毛にも、すべてに煙の香りがついてしまっているので、こちらのお店に来るときは、煙がついても大丈夫な服を選んでこないと大変なことになってしまいますね。f:id:lepommier8161014:20191204204015j:plain

最後に

お店の方は、60歳すぎのおじさん2人がされているのですが、ひよ夫婦がいた時間は、アジアの観光客の団体さんが多くいらしていたため、お店が満席状態になっていました。

2人のおじさんはてんてこ舞になって、英語も必死で片言でしゃべり、たまに英語が喋れる主人に助けてもらいながら、必死に接客している姿が、主人のお父さんに似ていて、かなり和んでしまいました。

日本語が通じるひよ夫婦の席に頻繁に来て、安心するかのようにたくさんおしゃべりしてくれて、すごく楽しく笑いの時間でした。

お料理はすごく美味しいのですが、お店の方の人柄が可愛すぎて、また伺いたくなる素敵なお店でした。

スポンサーリンク