ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

まぐろのような美しい旬のカツオの刺身・青森の田子にんにくをたっぷりつけて【千葉勝浦】

 初鰹

千葉勝浦の「今井魚店」で初鰹を購入してきました。

立派なみずみずしく大きな重たさの鰹の身です。

かなり大きさであり、4~5人前くらいある量で2700円でした。

さすが!新鮮と安さが売りの「今井魚店」ですね。

千葉から帰ってきた日の夕食は、鰹の刺身とタコの刺身をいただきました。

今井商店について書いています

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20190401104451j:plain

田子のニンニク

昨年の11月に青森田子でたくさんの田子ニンニクを購入してきました。

やはり、美味しい新鮮な初鰹には、美味しい田子にんにくを合わしたくなりますね。

私は、四国出身のため鰹はタタキでしかいただいたことないのですが、主人の鰹の食べ方は、刺身にしてたっぷりのにんにく醤油をつけていただく食べ方法です。

主人の福島の親戚が、ニンニク醤油でつけていただくようで、昔から主人はこの食べ方で鰹を楽しまれています。結婚してから初めてにんにく醤油でいただいたのですが、鰹の刺身の食べ方はとても美味しくてハマッてしまいます。

田子にんにくは、昨年購入してから上手に保管していましたので、新鮮で美しいままです。田子町の「たっこ王子」がひっそりと覗いていますね。

「早く鰹と合わしてくれ~」と言われているようです。

田子にんにくについて書いています

www.lepommier.work

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20190401104502j:plain

初鰹の刺身

新鮮な鰹を早速切ってみます。

断面も綺麗で、綺麗に角が立ってみるからに美味しそうですね。

f:id:lepommier8161014:20190401104440j:plain

まるで、まぐろの刺身かのような美しさの初鰹です。

初鰹には、にんにく醤油。タコにはわさび醤油でいただきました。

f:id:lepommier8161014:20190401104417j:plain

一口で入らないくらいの大きな鰹であり、私は3口くらいにわけて食べる必要がありました。でも主人は大きな口をあけて、一口で頬張り旬の旨味を感じていました。

f:id:lepommier8161014:20190401104715j:plain

鰹茶漬け

この日は、鰹とともに千葉のタケノコも購入してきましたので、タケノコご飯も炊きました。炊きたてのタケノコご飯の上に鰹の刺身をのせます。

そしてわさびと味付けのり・白ごまをのせて。アツアツの出汁をかけていただく鰹茶漬けです。

ほんのり、白く色が変わる鰹がみるからに美味しそうですね。

f:id:lepommier8161014:20190402103352j:plain

南部酒造 花垣 大吟醸たれくち

鰹の刺身で合わしたものは。

「花垣 大吟醸たれくち」を合わしました。

気品を感じる上品で美しい香りに、さわやかな口当たり。ほんのりした甘味と深い旨味が感じられる、大吟醸たれくちです。

鰹の脂をスッと洗い流してくれる口当たりであり、最高の組み合わせでした。

花垣HP

www.hanagaki.co.jp

f:id:lepommier8161014:20190401104726j:plain

最後に

毎年楽しみにしている初鰹です。

今年の鰹も素晴らしい味であり、春の訪れが嬉しく感じる食卓になりました。

ひよ夫婦のお気に入りの魚屋さんは、千葉勝浦の今井魚店さんですが、鰹の時期により鹿児島・高知・静岡・気仙沼など有名地域がございます。

いろいろな場所の美味しい旬の鰹をいただきたいですね。

今年は、まだまだ鰹を食べる機会を作って千葉にまた行きたいと思います。

スポンサーリンク