ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

鈴花・心に染みる和牛スジ煮込み/第7回日本橋日本酒利き歩き2019開催!【日本橋・人形町】

 第7回日本橋日本酒利き歩き2019開催

2019年4月13日(土)に日本橋界隈で「日本酒利き歩き2019」が開催されました。

開催情報・必要アイテム・お猪口ホルダーについて書いています

www.lepommier.work

利き歩きのコツ&ご注意・よし梅本店西京焼きについて書いています

www.lepommier.work

寿司とちの木のにぎり寿司・ちらし寿司について書いています

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20190415203602j:plain

鈴花

日本酒と食のテーマパークとして楽しみ始めた、ひよ夫婦は。

次のお店は、食べたい気になるフードのお店に行くことにしました。

目指すところは、「鈴花の和牛すじ煮込み」です

鈴花に向かう途中に、人形町の街には,ゆるきゃらがいたり、着物ミスコンの方がいらっしゃったりして、皆さん一緒に写真撮影をしながら楽しんでいました。

ますますテーマパーク化してきていますね。見ていてもとても楽しいです。ほろ酔いですしね。

f:id:lepommier8161014:20190415203614j:plain

富久心ふくごころ(茨城/椎名酒造)
  • 富久心 純米吟醸 美山錦 
  • 富久心 本醸造 生原酒
  • 富久心 特別純米
  • 富久心 特別純米 蔵なま
  • 富久心 純米

こちらの富久心は、高級日本酒はなく小売価格3000円以下の日本酒が並んでいました。

f:id:lepommier8161014:20190415204144j:plain

鈴花フード
  • 和牛すじ煮込み 500円
  • ゆばどうふ生うにのせ 500円
  • 取りたてアスパラマヨネーズ 400円

鈴花は、創業40年を肥える昔ながらのお店です。新鮮な食材を使った和食居酒屋店です。「おかあさん」が似合うようなお店の人たちの温かいお料理は嬉しいですね。

主人お得意の、お店の人との楽しい会話が始まりました。

お店には「前川清」のポスターをよくみたので、お店の方に訪ねてみると、昔からの常連さんのようでよくいらしてくれるようです。

人形町は、多くの芸能人のお気に入りのお店が多いのですね。

アットホームで居心地の良いお店ばかりです。

f:id:lepommier8161014:20190415203548j:plain

和牛すじ煮込み

和牛すじの煮込みには大根1つ・ネギがかかっています。トロトロのスジがたまらなく美味しく、味がしみ込んだ大根は気持ちがホッとしますね。

鈴花のHPは見つからなくて、他にどのようなメニューがあるのかわかりにくいのですが、知る人ぞ知る穴場な人情感じるお店です。

鈴花 情報

東京都中央区日本橋人形町2-20-14

地下鉄 人形町駅A1番出口 徒歩2分

地下鉄半蔵門線 水天宮前駅 7番出口 徒歩2分

都営新宿線 浜町駅 A2番出口 徒歩5分

営業時間:月~金 17時~24時

定休日:土・日・祝日・お盆・年末年始

人形町 BALLADE

鈴花を後に、次に伺ったのは、16時開栓・高知/高木酒造「豊能梅 純米大吟醸 原酒」を目指して、「人形町BALLADE」に向かいました。

「人形町BALLADE」のフードでは、ローストビーフがあるのですが、ひよ夫婦はお腹いっぱいになっていましたので、「豊能梅 純米大吟醸 原酒」の試飲だけにしました。

人形町 BALLADE フード
  • ローストビーフ・葉わさびの和風ソース 500円
  • 豚レバーのみそ漬け お寿司屋さんのガリ添え 400円

f:id:lepommier8161014:20190415204103j:plain

16時開栓「豊能梅 純米大吟醸 原酒 しずく酒」

高知県産吟の夢と高知酵母で醸した「純米大吟醸 龍奏」を圧力をかけないで袋つりで搾った限定品(冷やし)

滑らかで飲みやすくい純粋大吟醸です。さすが土佐の日本酒の県ですね。

f:id:lepommier8161014:20190415204133j:plain

豊能梅(高知/高木酒造)

16時開栓:豊能梅 純米大吟醸 原酒 しずく酒 (¥9800)

14時開栓:豊能梅 純米大吟醸 生原酒 しずく酒 (¥9800)

f:id:lepommier8161014:20190416132606j:plain

最後に

「日本橋日本酒利き歩き」がどんどん楽しくなってきて、狙い目のフードと開栓の狙い目の日本酒を決めるのが早くなってきました。

もうこの時間では、何杯いただいているのでしょうね?

主人の飲むペースの速さにビックリです。

もう何をどれを飲んでいるのか分からなくなってしまいます。

家に帰ってから気づいたのですが、冊子とともにボールペンも入っていて、冊子にはメモの余白のありますので、何かコメントを書く欄があったのです。

知らず知らずに周り回っていたので、途中から日本酒味がどんどんわからなくなっていたところが、今回の反省点です。

でも楽しかったから、まあいいっか!!

スポンサーリンク