ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

豚肉(塊)をコトコト煮込んだ台湾料理・ルーロー飯丼【テレワーク中ランチメニュー】

 ルーロー飯(台湾料理)

主人のテレワークがはじまり、昼食も準備することになりましたが、毎回何を作ろうかなと悩みます。

テレワークが始まったときは、主人の仕事が忙しく昼食・夕食も書斎で食べる機会がありましたので、冷めても大丈夫で、書斎でも食べやすい物であり、疲労回復になりそうなものを作ろうと考えました。

今までの夕食は、次の日に仕事がある場合は、ニンニク使用を控えていましたが、テレワークの今は遠慮なくニンニクを使うことが出来ます。

今回はがっつりニンニクと「五香粉」のスパイスを使った「ルーロー飯」を作りました。

f:id:lepommier8161014:20200430131452j:plain

豚肉下ごしらえ

 豚肩ロース(塊)をまずは、下茹でしておきます。

下茹でをすることで、味が染みやすく、トロトロに柔らかくなり、豚肉の臭みをとります。

  • 米の研ぎ汁をで豚肉を茹でていきます
  • 「30分茹でる→蓋をして30分蒸らす」工程を3セット繰り返します
  • 合計時間は、茹で時間1時間30分。蒸らし時間1時間30分

詳しい豚肩ロース(塊)の下茹での方法についてはこちら↓

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20200430131500j:plain

ルーロー飯 材料
  • 豚肉(肩ロースまたはバラ肉)200g
  • ニンニク 1かけ
  • 生姜 1かけ
  • 醤油 大さじ1と1/2
  • てんさい糖 大さじ1と1/2
  • 紹興酒(または酒)大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • 五香粉 小さじ1
  • 水 250cc
  • 卵 4個
ルーロー飯 レシピ
  • 下茹でをした豚肩ロース(塊)を1㎝角ぐらいに切り分けます
  • 生姜・ニンニクをみじん切りにします
  • フライパンにラード(油)をいれて、ニンニク・生姜・豚肉を炒めます
  • 卵4個は、別の鍋で茹でておきます

f:id:lepommier8161014:20200430131509j:plain

  • 豚肉が軽くこんがりすると、水と調味料(醤油・てんさい糖・紹興酒・酢・オイスターソース・五香粉)茹でておいた卵をいれます
  • フライパンより、具材が浸るくらいの小鍋にうつした方がおすすめです。

f:id:lepommier8161014:20200430131517j:plain

  • アルミホイルの落とし蓋をして、中火~弱火で40分くらいコトコト煮込みます
  • 汁気がなくなるまで、ゆっくり煮込んでいきます

f:id:lepommier8161014:20200430131526j:plain

ご飯によそって丼としてすぐに食べれますが、ひよは次の日のランチのために作りましたので、一晩タッパーに入れておいておきます。

作りたては、主人がビールのおつまみとして少し食べていました。

五香粉が香るため、ビールのおつまみにも最適であり絶賛していました。

f:id:lepommier8161014:20200430131535j:plain

 最後に

ご飯の上に、豚肉・卵・チンゲン菜・糸唐辛子をもりつけて「ルーロー飯」のできあがりです。

今まで火鍋の時にしか使っていなかったスパイス「五香粉」が活躍することができ、「ルーロー飯」は主人のお気に入りになりましたので、また作りたいと思います。

今回、塊(豚肩ロース)を買っていて、冷凍保存していたものであります。

豚肩ロースを使って何を作ろうか悩んでいましたので、お気に入りメニューができましたので、ひよも嬉しいです。

 「五香粉」と使った火鍋レシピについてはこちら↓

www.lepommier.work

スポンサーリンク