ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

ひじきの煮物の卵焼き・鶏胸肉ロール梅と大葉巻き【つくりおかずレシピ】

 ワンプレートつくりおきレシピ

今回の「つくりおき」は巻きおかずを2品作りました。

最近はずっと主人の仕事が忙しく、帰りが23時0時になることが多いです。

そのため、胃にもたれない、疲れをとり健康的なおかずを、見た目も楽しく量が多くならないワンプレートにして料理を日々作っていました。

そろそろワンプレート料理も終わりに近づくと嬉しいなと思いながら、ワンプレートの洗い物の楽さと便利さに、今度もワンプレートになりそうだなと感じつつありますね。

f:id:lepommier8161014:20190425201617j:plain

鶏胸肉ロール レシピ
  • ブライン液で鶏むね肉をつけておく
  • 鶏むね肉の皮をはがしておきます
  • 鶏むねを観音開きにしておきます

パサつきやすく固い鶏むね肉を、「塩・砂糖・水」で作るブライン液につけると柔らかくなります。

ブライン液について書いています

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20190425104338j:plain

  • 鶏むね肉の上に大葉と包丁で細かくペースト状にした梅をのせます
  • ロール状にしてサランラップでしっかり包みます
  • 両端をクルクルにしぼり、水が入らないようにサランラップを2重にしておきます

f:id:lepommier8161014:20190425104344j:plain

  • 蓋ができる(密閉)鍋にお湯をわかします
  • 鍋に鶏肉ロールをいれて5分強火でゆでます
  • 火を止めて、蓋をして1時間くらいおいておきます

f:id:lepommier8161014:20190425104351j:plain

  • 冷まして食べる前まで冷蔵庫にいれておきます
  • しっかり時間をかけて冷ましておくと、綺麗なロールになり切りやすくなります
  • 中の具材は、お好みでいろいろ巻くことができます

f:id:lepommier8161014:20190425201610j:plain

ひじきの煮物の卵焼き

 先日作った「ひじきの煮物」のアレンジ料理です。

つくりおきの煮物と卵が余っているときに良くつくる、簡単で具材がたっぷりの卵焼きです

 ひじきのサラダとひじき煮物を作った時のレシピ

www.lepommier.work

f:id:lepommier8161014:20190424200030j:plain

  • 卵4個わります
  • 余っていた「ひじきの煮物」をお好みの量をいれます(ひよはたっぷり入れます)
  • 卵とひじきの煮物を混ぜ合わせます

f:id:lepommier8161014:20190424200024j:plain

  • 卵焼き器をしっかり温めます
  • 油をたっぷりいれて、卵液(ひじき入り)を全部流し込みます
  • アルミホイルを蓋にして、弱火で10分~15分くらい焼いていきます
  • 表面の卵が全体的に固まっているとまな板の上に取り出します

f:id:lepommier8161014:20190424200018j:plain

  • 上が中側にくるように、巻きすでしっかり巻いていきます
  • 巻きすの両端を輪ゴムでしっかりとめます
  • 3時間くらい冷めるまで常温で冷ましておきます
  • その後冷蔵庫にいれて保存しておきます 

しっかり冷ましたほうが、綺麗なまとまりになり美しい断面になります。またバラバラにならないので、切りやすいです。

f:id:lepommier8161014:20190425201603j:plain

 夕食メニュー
  • ひじきの煮物の卵焼き
  • 鶏胸肉ロール梅と大葉巻き
  • ロメインレタスの旨味炒め
  • しいたけ酢漬け
  • ミニトマト
  • めかぶ
  • 酢納豆・ごはん

f:id:lepommier8161014:20190426003245j:plain

 最後に

最近は、主人の帰りが遅いため、おかずの量が多すぎないように調整しながら、見た目が楽しくなるようにワンプレートのお皿でもりつけていました。

しかし、ワンプレートの魅力にはまってしまい、盛り付けに悩まなく、盛り付けるだけでおしゃれにみえるワンプレートは魅力的ですね。

洗い物も少ないのもすごく魅力的です。

ワンプレートのお皿に抜け出せなくなってしまうのかな。最近は小皿・和かごもりつけしていませんものね。

スポンサーリンク