ひよ夫婦smile

食いしん坊夫婦の趣味の料理や旅行グルメなどのお腹空いちゃうブログ!笑顔あふれる生活を綴っています

冬の奥入瀬渓流・何度も行きたくなる心身リフレッシュ・パワースポット【青森旅行】

青森・奥入瀬渓流

ひよ夫婦のお気に入りのスポットの青森県です。

昔、紅葉の時期に青森奥入瀬渓流を車で通ったのですが、あまりもの絶景にうっとりしました。

いつか奥入瀬渓谷を歩いてみたいなと思っていましたので、

今回の旅行は奥入瀬に行ってみました。

f:id:lepommier8161014:20211208092225j:plain

十和田湖・奥入瀬渓流

青森・秋田の両県にまたがる十和田湖です。
十和田湖・子ノ口から焼山までの約14kmの流れ、奥入瀬渓流。
十和田湖と奥入瀬渓流は、十和田八幡平国立公園を代表する景勝地の一つです。

北の景勝地として名高い十和田湖。空も周りの山々も全て映し込む鏡のように美しい湖と、つい深呼吸したくなる開放的な大パノラマを臨むとき、何度訪れても言葉にできないほどの感動に包まれます。
十和田湖は、約20万年前に始まった火山活動により形成されたカルデラ湖です。
カルデラ湖とは、噴火によってできた陥没に、長い年月をかけて雨水が貯まってできたものを指します。
御倉半島と中山半島に挟まれた中湖では327mの水深を示し、日本では第3位の深さ。大地をえぐった噴火のエネルギーのすさまじさと、形成にかかった年月の長さを感じることができます。四季は止むことなく巡り来て、湖を囲む風景は新緑と紅葉を繰り返し、絶えず成長してきました。
足元の小さな自然から、遠くに広がる絶景に目を向けるとき。そして湖に映し込まれる美しい風景を見つめるとき。小さな石や苔も、草木も、岩も、この広大な風景を構成する自然の一部であり、そのひとつひとつがこの大きな森を成していること、そして四季の中で生き続けていることを実感するはずです。そして、自然の力の偉大さに気付くことでしょう。

引用:十和田湖国立公園協会HP

f:id:lepommier8161014:20211208092233j:plain

十和田湖から流れ出る奥入瀬川。岩や樹林をかき分け、滝や清流を成しながら、十和田湖畔・子ノ口から焼山まで約14km続く流れが奥入瀬渓流です。特別名勝、天然記念物として国の指定を受け保護されており、滝や清流、岩など、たくさんの見所があります。
奥入瀬渓流は、どなたでも散策しやすいのが魅力のひとつ。渓流沿いには車道と遊歩道が整備されており、道を包むように続く木々のトンネルが、訪れる人たちをいつでも歓迎してくれます。春〜夏には新緑の、秋には紅葉のフィルターをかけて、そこにゆるやかに降り注ぐ日の光。滝を背に深呼吸するたび、私たち自身が四季に染められ、自然と一体になる感覚を味わえる場所です。車を降りてから入り組んだ森の奥深くに入ることなく、人と同じ目線で清流や滝を感じることができ、まさに、誰にでも開かれた森であると言えます。
また、その中に流れる滝や清流の美しさは言うまでもありません。雄々しく、力強く流れる様子を眺めているだけで、不思議と心を洗われるような気持ちになります。これらはすべて、自然の力だけで長い年月をかけて形成された流れ。人の手では造り出せない造形美とまるでからくりのように繋がる流れの中に、神聖なる自然の力を感じることでしょう。

引用:十和田湖国立公園協会

十和田湖国立公園協会HP

towadako.or.jp

f:id:lepommier8161014:20211208092307j:plain

ベストシーズン

5月中旬~6月中旬の新緑の頃と、10月中旬〜10月下旬の紅葉の頃です。

新緑・紅葉の名所として有名な奥入瀬渓谷であり、シーズン中は宿をとるのが難しいほどです。

シーズン中は、奥入瀬渓谷を通りと人と車の数がすごくて、のんびり自然を満喫するのは難しいかもしれませんが、

シーズンオフに行くのも、かなりおすすめです。f:id:lepommier8161014:20211208092329j:plain

ミシュラン・グリーンガイド

奥入瀬渓流はミシュラン・グリーンガイドで二つ星に選ばれた観光名所です。

約14km続く渓流は、どこを歩いても絶景の連続であり、澄みきった森の空気や、木漏れ日、きらめく水面や清流。

迫力のある滝、可愛い小鳥の声、自然そのままの状態の木々や苔などなど、たくさんの自然のパワーを身体で感じることができます

癒しのパワースポット、奥入瀬渓流は、歩いて散策することがすごくおすすめです。f:id:lepommier8161014:20211208092344j:plain

写真ポイント

下流から上流へと散策するのがおすすめであり、下流からの方が、滝の様子や光の関係で写真が綺麗に撮ることができます

昼だけでなく、朝・昼・夕方と色々な時間帯を歩くと、色々な様子を楽しむことができます。

f:id:lepommier8161014:20211208092412j:plain

レンタルサイクル

奥入瀬渓流では、レンタルサイクルがあります。

緑あふれる時期や紅葉の時期のサイクリングは、とても気持ち良いと思います。

雪の時期に訪れて、雪道を歩いたひよ夫婦ですが、次回は夏に来たいと思うぐらい、奥入瀬の魅力にハマりました。

貸出期間

4月1日~11月30日(予定)

貸出返却場所

奥入瀬渓流館(焼山バス停すぐ近く)、石ヶ戸休憩所(石ヶ戸バス停すぐ近く)、十和田湖観光汽船子ノ口案内所(子ノ口バス停すぐ近く)

営業時間

8:00~16:30(十和田湖観光汽船子ノ口案内所は16:00終了)

レンタル料

基本料金/電動アシスト自転車 4時間1,000円、一般自転車 4時間700円

追加料金/延長1時間ごとに300円増し、乗り捨ては300円増し

問合せ先

奥入瀬渓流館 0176-74-1233

石ヶ戸休憩所 0176-74-2355

子ノ口案内所 0176-75-2408

f:id:lepommier8161014:20211208092724j:plain

最後に

奥入瀬渓流の素晴らしい魅力に、毎年心身リフレッシュをしに行きたくなるほどハマりました。

昨年は、雪の時期に訪れ、雪道の奥入瀬を、朝・昼・夕方と歩き回りました。

緑と白い雪の美しさ、清流の輝き、空気感ととても魅力的で、雪道を歩くのもとても楽しかったです。

普通の靴・スニーカーではとても滑りますので、もし冬の奥入瀬散策にいらっしゃる場合は、登山靴や長靴など、滑りにくい靴を持参がおすすめです。

この素晴らしい風景は、今回GOPROで撮影しました。

50秒くらいの動画で、BGMと共に動画が楽しめれるようになっています。

お時間がありましたら、素晴らしい風景を動画でご覧くださいね。

ひよ夫婦インスタ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@hi.yo.smile_goproがシェアした投稿

スポンサーリンク