ひよ夫婦smile

夫婦仲良く料理や旅行などを楽しみ!笑顔あふれる生活を綴っています

浮島の幻想的な露天風呂・じゃわめぐ広場青森屋 【青森旅行記】

じゃわめぐ広場

 星野リゾート青森屋のメイン施設の中には「じゃわめぐ広場」があります。

こちらの場所は、たくさんの宿泊部屋がある東館の1階まで降りていきます。

そして長い通路を通っていくと、お祭りのような賑やかな提灯が見えてきます。

「ヨッテマレ酒場」を通り過ぎすと、メイン広場会場と・大浴場・お土産屋などがあり、その先を進んでいくと、朝・夕のご飯会場の「のれそれ食堂」があります。

ですので、何度も部屋に戻るのが面倒だなと思い、お風呂セットを持って「じゃわめぐ広場」に移動しました。

f:id:lepommier8161014:20181115133339j:plain

「じゃわめぐ広場」のメインの場所に行ってみると、りんごガチャガチャがありました。そのほかに、「やってみるべ」「あおもり工房」など面白そうな場所があります。子供がいたら一緒に楽しめれそうですよね。見るだけでもワクワクしてしまう広場です。

f:id:lepommier8161014:20181115133543j:plain

大浴場に入る前には、2種類のりんごジュースを飲むことができます。

おっ!これは松山空港の蛇口から出るみかんジュースのようですね。

2種類に違うジュースをいただき、水分補給をしてから、すぐ横にある大浴場に入りました。

f:id:lepommier8161014:20181115133103j:plain

また、ゲームコーナーがあり何をして遊ぼうかと悩んでしまいますね。

そして、りんごの提灯があちこちにたくさんあり、とても可愛いらしいです。

f:id:lepommier8161014:20181115133112j:plain

じゃわめぐ売店

広場に、青森名産品・スイーツ・地酒などや、青森伝統工芸品の「南部裂織」「津軽塗」など販売されていじゃわめぐ売店があります。

お土産探しや、自分用の工芸品を探すのもいいですね。たくさんの品数がありましたので、とても楽しいお土産屋さんでした。

ご利用時間 7時~24時

f:id:lepommier8161014:20181211135329p:plain

津軽弁ラジオ体操

また、じゃわめぐ広場のメイン会場では、

青森の方言で体験する「津軽ラジオ体操」を毎日朝8時~されているようです。ひよ夫婦は、気づかなかったので参加し忘れていましたが、これは面白そうですね。

津軽弁と津軽三味線の伴奏で、朝から気持ちの良い運動が出来そうです。

じゃわめぐショー

毎晩20時45分~21時15分まで「じゃわめぐショー」が開催されています。

青森ねぶら囃子・南部民謡・津軽三味線・スコップ三味線をメイン広場披露してくれます。

青森の楽しい雰囲気を感じれました。もっと青森を感じたい場合は、青森市にあります「ワラッセ」がすごくおすすめです。

f:id:lepommier8161014:20181115133512j:plain

青森屋 大浴場浮島

青森屋のおすすめの大浴場です。(私の中のNO,1です)

露天風呂が浮島になっていて、お風呂が広い池の中に張り出しています。

初めてこの大浴場にはいった時は、夜の冷え込む時間だったのですが、露天風呂の入り口をドアをあけた瞬間。幻想的な風景があらわれました。

温泉と池の温度差で、池のほうにも湯気がただよっています。そして池と温泉が同じ水平線にあり、どこまでお風呂がつながっているのかわからないくらい。

そして、湯気で見え隠れしているライトアップしている紅葉の木々がとても美しいです。圧巻の美しさの露天風呂です。この温泉の景色は、また見たくなる。すっと入っていたくなる、一番素敵な露天風呂でした。

主人もあまりもの美しさに感激していました。男性と女性の露天風呂の風景は同じ風景がみえます。雪景色も素敵ですよね。(写真はHPより)

f:id:lepommier8161014:20181211142112p:plain

星野リゾート 青森屋HP

noresoreaomoriya.jp

最後に

すごく楽しい「じゃわめぐ広場」と、また行きたくなる「浮島の露天風呂」です。

本当に素晴らしい露天風呂で、私の住んでいる場所の近くに欲しいくらいの絶景風呂です。またあの感動を味わいに青森屋に泊まりに行きたいと思いました。

そして、夫婦だけでなく、小さい子供がいらっしゃる家族連れも楽しめれる素敵な宿でした。

スポンサーリンク