ひよ夫婦smile・旅行記

アラフィフ夫婦の旅行・BROMPTONサイクリング・グルメなど。夫婦2人で笑顔あふれる趣味生活を綴っています

天に続く道を突破!斜里町⇆オシンコシンの滝63キロ・最高の北海道サイクリング【BROMPTON・北海道旅行】

北海道・BROMPTONサイクリング

今回のブロンプトン・サイクリングの目的地に選んだ場所は「北海道・道東」です。

「飛行機輪行」をして、今年の夏に3泊4日の中で1日だけ北海道ライドをしました。

初めて「飛行機輪行」をして桜島を1周したときの旅行がとても楽しかったため、

夏の旅は夏でも涼しい北海道をBROMPTONで走り回したいと思い計画をたてました。

飛行機でBROMPTONの旅は本当に最高すぎます。

コンパクトに折りたためることができるBROMPTONを購入して本当に良かったとしみじみ感じてしまいます。

BROMPTONについてはこちら↓

www.lepommier.work

飛行機輪行BROMPTONサイクリング旅行の時の荷物についてはこちら↓

www.lepommier.work

初めて「飛行機輪行」した「桜島1周」の時の様子についてはこちら↓

www.lepommier.work

サイクリングコース

今回のサイクリングのコースは「斜里町」⇆「オシンコシンの滝」63キロ

です。

「斜里町」〜「オシンコシンの滝」までは約30キロあります。

30キロはいつも多摩川サイクリングで走っているため、

30キロなら初心者のひよ夫婦でも大丈夫な距離なのですが、

今回、初めていつもの倍の距離、60キロ超えの距離をチャレンジしました。

「斜里町」の駅前は無料で車を停めることができすスポットであり、

近くには日帰り温泉ができる宿もあるため、「斜里町」をスタートポイントに決めました。

「斜里町」までは宿泊しているホテルから車で1時間かかるため、早朝6時に出発して、7時すぎからサイクリングを開始しました。

「斜里町」駅から30キロ先にある「オシンコシンの滝」で折り返して

「斜里町」に戻ってくる途中に、

「天に続く道」という天に続いて伸びているように見える道を登り下るコースです。

斜里町〜オシンコシンの滝・時間

「斜里町駅」→「オシンコシンの滝」→「天に続く道」→「斜里町駅」

63キロ

4時間8分かかりました(休憩・観光含め)

「オシンコシンの滝」までは、ほとんど平坦な道で、海沿いの道のため、とても走りやすく気持ちがよかったですが、

途中、熊に注意という文字を見ると、少しビビってしまいました。

オシンコシンの滝到着

無事に30キロ走り切り、「オシンコシンの滝」に到着しました。

「オシンコシンの滝」は観光スポットになって、トイレやベンチもあるため、

こちらでランチタイムにしました。

「斜里町」周辺は街になっていて、コンビニなども多いのですが、

「オシンコシンの滝」に向かう国道334号は、海沿いの海沿いでは、休憩できるスポットもトイレもコンビニも何もないため、

斜里町のスタート地点でのトイレタイムは必要です。

セイコーマート・ランチライム

「斜里町」のセイコーマートでおむすびやお惣菜を購入してきていましたので、

「オシンコシンの滝」のそばにあるベンチでランチタイムをしました。

上の写真は2人分のランチです。

あまり食べすぎると苦しくなってしまうため、このくらいの量がちょうど良く、

パワーみなぎりました。

ついてすぐにアミノ酸をいただきましたので、写真では飲み干してしまってますね(笑)

オシンコシンの滝とは?
落差約30m。

途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれており「日本の滝100選」にも選ばれています。

滝の中ほどの高さまで階段で上がることができ、しぶきが掛かるほど目の前で見られる滝は迫力があります。

駐車場から見える流氷の季節は絶好、見渡す限りの白い海原が感動的です。

駐車場:乗用車36台・バス5台・身障者1台
トイレ:あり・車いすにも対応
売店あり

引用:知床斜里町観光協会

天に続く道

「オシンコシンの滝」から「斜里町」に向かう途中で、

「天に続く道」という看板があります。

早朝の「オシンコシンの滝」に向かうときは、海沿い国道334号を進みましたが、

帰りは「天に続く道」に向かいました

看板を見て、、横を見た瞬間。

マジで!

これ登るの。

心折れそうな3キロ坂道でした。

この道を登りきると「天に続く道のスタート地点」につきます

初めて30キロを越えのサイクリングでしたが、アドレナリンが出てまだまだ余裕であり、この道を乗り越えるのが楽しみになりました。

でもね。

ひよは、2キロ少しを頑張り登りましたが、

残り600m付近で結局歩いてしまいました。

主人は、「天に続く道のスタート地点」まで登り切り上げた足腰の強さに、すごいと尊敬です。

「天に続く道のスタート地点」は観光地スポットとしても人気であり、

車やバイク・自転車で来て、スタート地点で写真を撮る人が集まっています。

主人は、同じ自転車で登りきった人と意気投合して、ひよが到着するまで自転車仲間と仲良く話していました。

厳しい登り坂を登った気持ちは、登りきった人にしかわからなく、

みんなで「きつかったね」と登り切った頑張りを讃え合いました

北海道では、サイクリング・バイクを走る人がとても多く、

国道334号の道を走っていると、すれ違う時に、バイカーの人はかっこよく挨拶してくれたり、自転車の人は会釈をしてくれたりと、走っていてとても嬉しい気持ちになりました。

登山の時に、すれ違う時に挨拶をするみたいに、

北海道ではバイク・サイクリングをしている時、挨拶する人が多く、

知らない人でも仲間意識が高まり、すれ違うのが待ち遠しくなります。

天に続く道 |知床ドライブで一度は走りたい斜里町の絶景ルート

道東・斜里町の峰浜から大栄地区まで続く約18キロの直線ルート(国道334号・244号線/斜里国道)。道の先が“天”につながっているように見えることから、この愛称が付けられました。

引用:たびらい

最後に

きつかった坂道を登った後は、

「天に続く道」の約2キロの坂道をくだって行きます

くだっている様子をGOPROで撮影しています。

ひよ夫婦インスタ

「斜里町⇆オシンコシンの滝」「天に続く道」の様子をGOPROで撮影しインスタにあげています。

最後の部分のくだっている走りは、この坂をくだっている様子です。

写真では伝わらない、素敵な雰囲気の風景を撮ってみました。

1分くらいの動画です、BGMと共に動画が楽しめれるようになっています。

お時間がありましたら、どうぞご覧くださいませ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @hi.yo.smile_gopro

www.instagram.com

坂道をくだるのは、すごいスピードになり、ひよは怖かったのですが、

主人は平気で楽しく坂道をくだっていました。

初めての63キロのサイクリングは、夏の北海道だからこそ制覇できたと思います。

北海道の夏は涼しく、とても気持ち良い気候であり、道も平坦な道が多く、大自然の中を気持ちよく走れます。

北海道はたくさんのバイカーやサイクリングの人も多いため、たくさんの仲間がいる楽しみもあり、今までで一番楽しいサイクリングでした。

北海道なら距離をどんどん伸ばすチャレンジができそうです。

また北海道の道を走りたいですね。

⇩北海道予約するには⇩

スポンサーリンク